ここから本文です

今から24年前の1995年6月、アメリカクリントン政権が政権発足時から日本に...

nan********さん

2019/6/2220:00:03

今から24年前の1995年6月、アメリカクリントン政権が政権発足時から日本に要求してきた、「日本がアメリカ製自動車部品を毎年これだけの数量を買う」数値目標を受け入れなければ、

アメリカ市場に輸出される日本車に100%の関税をかけると脅しをかけ、日米対立は回避されましたが、もしも、アメリカがアメリカに入ってくる日本車へ100%の関税をかけていたら、日本車は大打撃を受けていたのでしょうか?

閲覧数:
11
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

him********さん

2019/6/2309:17:40

それはそうでしょう。
そこまで上げられたら関税分を販売価格に上乗せするしかないので大幅に値上げするしかありませんからね。
価格競争力が落ち、販売台数も激減したでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる