ここから本文です

電気機関車について なぜ電気機関車はステンレス製にしないのですか?

pnk********さん

2019/6/1520:57:31

電気機関車について

なぜ電気機関車はステンレス製にしないのですか?

EF30やEF81-300以外でステンレス車体を採用する電気機関車があまりないのですが、ステンレス車体にすると何か問題がありますか…?
ステンレス製にすると、車体の塗装コストを削減できるはずなのですが、それでもステンレス製にしない理由はなんでしょう?

補足たくさんの回答ありがとうございました。
皆様の回答をまとめさせていただくと、電車は、車体をステンレスにすることにより、塗装コストの削減のみならず、軽量化など他にもメリットがたくさんあるが、電気機関車の場合は車体をステンレスにしても、塗装コストの削減・腐食対策でしかメリットがなく、逆にデメリットの方が目立つため、わざわざ高いステンレスを採用する理由が全くないということだそうです。EF30やEF80-300は特殊な例だそうです。また、海外でのステンレス車体の電気機関車の情報をいただきました。

閲覧数:
194
回答数:
12
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tv1********さん

2019/6/1611:17:06

単なる車両ではなくて、『機関』車の名称が表すように、たくさんの機器を搭載した装置です。それでもって、ステンレスは電気機関車と相性が悪いです。
ステンレスは電機抵抗率が高いので伝導性が低いのですが、走行中の空気摩擦で静電気が発生すると、帯電状態が続きやすい特性があります。
電気機関車の車内は上述したように、車内にも機器がたくさん搭載されてますから、ステンレスに大量に帯電した電気が車内機器に流れたら大変なことになります。

関門トンネルのステンレス機関車は、トンネル内の高湿度のために静電気発生率が低減するので、ここだけステンレス機関車が使えるわけです。

  • 質問者

    pnk********さん

    2019/6/1618:10:35

    回答ありがとうございます。
    ほかの方と違う観点からの回答ですね。
    ですが、電車でも、ステンレス車体が帯電すれば、お客さんが乗降時などに車体に触ると感電しませんか?

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/6/22 00:20:52

皆様ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yu9********さん

2019/6/2017:33:48

ステンレスって結構高いのですよね。
それを踏まえた上で、
機関車は重量の重い貨車やコンテナ車を牽引する必要があって、軽くしたらそこに影響が出てしまうからです。
海底トンネルを通過するために海水対策が必要だった分しか作られなかったのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yan********さん

2019/6/2017:26:08

通勤電車などステンレス化するのは少しでも軽量化して駅間が短い都市部などでの加減速のコストを下げるためですね。

貨物を引く電気機関車は頻繁に走ったり止まったりする必要が無いのでわざわざステンレス化しなくても良いのでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sn_********さん

2019/6/1715:54:19

電車場合、軽量化はメリットですが、実のところ、電車の場合「ボディは軽くする必要もある」のです。
最近の電車はボルスタレス台車が主流で、足元が軽い。
つまり、上が鋼製だと、重心が高くなってしまい、転覆脱線しやすくなってしまいます。
そのため、下が軽くなる分、上も軽くしないといけない、という事情もありますね。
(京急は、上は軽くしても、ボルスタ台車で足元を重くしているため、低重心です)


機関車の場合、自重を大きくすることで、車輪がレールに接する粘着力を大きくし、強い牽引力でも車輪が空転するのを防いでいます。
牽引力が強くなっているからこそ、余計に重量を重くする必要があるんです。
そして、パワーが上がれば、被牽引車…つまり貨車もそれだけ重い編成になりますからね。


機関車は、外装色で架線電力の種類を識別できるようにしています。
基本的に直流専用は青系、交流専用は赤系、交直流は赤系もしくはピンク系です。
ついでに、ディーゼルはオレンジないしは赤系。
例外も多いのですが、基本はこの色になっているため、機関車に関しては、「無塗装」は必ずしもメリットではありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

loc********さん

2019/6/1609:20:11

自分の記憶によれば ステンレスボディの電気機関車は
フランスのCC40100 電機が思い当たります。
1964,1969~1970 にアルストムで製造、
TEE客車に合わせた ステンレスボディに赤帯
(東急が電機を作れば、伊豆急行あたりで客車牽引に用いられるかも?)

全長22mの長身に 所謂 ゲンコツフェイス

これは オランダ(1.5kvDC) ドイツ(15kv16.7HzAC)
ベルギー(3kvDC) フランス(25kv50HzAC)
の 4電気方式で搭載機器が多くなったためです。
パンタグラフも4個 搭載しています。

つまり” 重量増”と 客車とのデザイン統一で
ステンレスボディを採用したのです。

JR九州の ななつ星の ディーゼル機関車DF200が
客車とデザインを統一しているのと同じです。

なお 本機は 1996年 ”タリス”の登場により 休車 後廃車
されました。

詳しくは ”フランスCC40100電機”で 検索すると 出てきます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

qzp********さん

2019/6/1609:11:12

電車のステンレス化は軽量化して消費電力を減らす目的も有るのですが。機関車の場合には軽量化は牽引力の低下になるので逆に嫌われていて。ステンレスにして軽量化した分、コンクリートを搭載するという事になります。重量面では高いステンレスにする意味が無いのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる