ここから本文です

創価学会の人と揉めました。 それからやたら変な車に見張られるようになりました...

アバター

ID非公開さん

2019/6/1709:58:28

創価学会の人と揉めました。
それからやたら変な車に見張られるようになりました。
うちの家に無断で停車する車。
うちの家をじーっとみられており、
なんですか?

と言おうと、外に飛び出したら逃げていく始末。
気持ち悪い。しかも複数台違う車が我が家を見張るように止まるようになりました。

いろいろあって
この近所の人たちと関わりたくないと
引っ越しました。

そして新居についたのですが
なんと住んで数か月後にまた、
車が我が家にやってきて見張るような素振りをするのです・・・。
しかも防犯カメラで過去に遡ると
この車2時間前から我が家が見える付近に停車して
ずーっと車の中にいるんです。交代制でコンビニに行き
車で飲み食いまでしてるんです。

さすがに怖くなって警察に言いました。

そのあとも別の車で
どこにも降りずずっと車の中にいて
30分ヘッドライトを照らす車がうちの目と鼻の先に停車していたり
その車に近寄ると発進して出ていく始末。

なんか怖いです。
ネットで調べたら集団ストーキングというものがあって
宗教団体の一人がお願いをすれば
結束が固い団体なので連携して相手を見張る嫌がらせをしているという
ものがありました。

本当なんでしょうか?
学会ともめてからこういうことが増えたような気がします。

みなさんならどうしますか?

補足つまり証拠がしっかりしてないので、いずれどん詰まりになりそうで怖いです。
警官によってはただ止まってるだけだからいいじゃないですか?
とケロっとした顔で言われたり。
しかも車も変わるので
いちいち通報していたら110番通報する変わった人だと思われないか心配です。


警察に一度ご近所トラブルのことを相談したら
いずれにせよ証拠と録音と証人をお願いしますと言われました。
ご近所友達はいない状況だし、立ち聞きした人の話し声を録音なんて素人には難しい事ばかり言ってきて
じゃあ盗聴器でも付けたらいんですか?ってなりますよ

結局無理なことを提示して諦めさせようかさえ思います。
どうしたらいいのか迷っています。

閲覧数:
243
回答数:
15

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

des********さん

2019/6/1722:12:15

ナンバー控えといて同じのがあれば

「このナンバーがよく来るんです」

と警察に言えばいいんじゃないですか?

どこの地方(関西?)か知りませんが、おかしな人もいますね

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/6/1722:30:44

    ナンバーを控えるってどうやるんですか?
    向こうからは玄関丸見えだし近づいてカメラをとるって
    向こうからガンつけられそうでこわいです。
    本当は関わりたくはないですね

    同じ車はこないんです。
    前に警察に通報しましたが
    その車はもう来ませんでした、
    かわりに次の車がきます。
    車種は違ってもやっていることは同じなので
    どこかで口合わせして動いてるのかなとも思いました。
    そのやり口が創価の集団ストーキングに似ているので
    ぞわぞわしているということなんです

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/14件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oki********さん

2019/6/2312:03:22

大変ですね。

御参考までに御覧ください。 https://ameblo.jp/pinta-555/

mom********さん

2019/6/2307:41:12

私が以前住んでいた地域は、公明党のポスターを張ってある家が多い、オカルトタウンでした。

そうとも知らずに引っ越してきた方が、創価学会の勧誘を断ったから大変です。

夜中に発狂する信者や爆音を立てながら走行する二輪も増え、路上で棒立ちしている怪しい人を見かけるようになりました。

そのうち、たくさんの創価信者にいじめられ、奈良の引っ越しおばさん状態になってたんですけど、大事に至る前にまた引っ越してしまいました。

スーパーに入ると万引き犯扱い、路上を歩くと性犯罪者やら盗撮犯といわれ、町内では村八分。

私のもとにも、その方を犯罪者呼ばわりする人が近寄ってきて、防犯防衛という名目でひどいプライバシー侵害をしてました。

これは創価学会の多い地域に引っ越しすると頻繁に体験する現象です。

una********さん

2019/6/2210:37:00

創価の集団ストーカーですねwww スマホで撮影するわけにはいかないんですか?スマホ動画が重要な証拠となりえます。

相手の自動車のナンバーが見えるように撮影して下さい。

私だったら即実力行使⇒制圧ですが、動画撮りためて警察に相手にされないならYoutubeやニコ動にまとめてアップロードするのも手ですよ?

shi********さん

2019/6/2105:22:18

週刊新潮は、集団ストーカーされた脱会者の被害申告をまとめて記事にしました。
あなたの被害とよく似ていませんか。

創価学会は、脱会者や公明党の投票依頼を断った人にも同様のことをして、新聞や雑誌で大きな話題になりました。集団ストーカーという単語は出していませんが。
死傷者まで出しているので、国会でも問題になり、最近ではテロという形で集団ストーカーが社会問題となりました。


週刊新潮『創価学会 脱会者 3300人大調査』
https://matome.naver.jp/odai/2153412187173818501

「娘が学校から帰るのを待ち伏せしていて、一緒に(信者が)入り込むことがあった。家のフェンスを乗り越え、カーテンの隙間から中を覗いていた。外で待っている車には、婦人部がいた。」(40代女性)

「電話でニセの情報を流すと、学会員はそれに沿った形で監視や尾行活動を行うのです。ですから盗聴されていると考えています」(元副支部長のKさん・北海道)

実際に盗聴器が発見されたケースもある。
「電話に雑音が入るので、電話局に言って調べてもらうと、家の外壁ボックス中に盗聴器が仕掛けてあった。犯人は分からないが、当時は学会男子部が現れて頻繁に尾行されたり、二階の窓ガラスが石を投げられて壊されたので、学会関係者の仕業と考えています。」
(元副ブロック長のKさん・新潟)

「『癌で死ね。うろちょろするなクソババ-、殺してやる』と書かれた脅迫状が投げ込まれた。手紙の中には小学校の教員のものからもあった」(50代女性)

「危険人物のレッテルを貼られて突然除名された後、夜中の一時、嫌がらせの電話がかかる。がやがや雑音が聞こえるなか『あんな奴は殺せ!』『交通事故で死ぬぞ』と電話の遠くから怒鳴っているのが聞こえました。実に陰湿な脅迫で、家内も電話が鳴る度に恐怖におののいていました。」
(元支部指導長のSさん・福岡)

「数限りない嫌がらせを受けてきた元創価学会理事・公明党鹿児島県書記長の山口優さんは、(1年にわたる)電話脅迫、無言電話で心労を重ねた義母は、入院後五十日で死亡しました。」


酷似している嫌がらせの手口
デマを口コミで流すことは学会の得意とするところだが、個人の生活に関わるだけに罪は重いと言わざるを得ない。

「平成六年七月『町内のみなさん、この男女にご注意ください』『夜な夜な市内に出没し、脅迫・嫌がらせをする変態夫婦!』などと書かれた中傷ビラを私の住む団地のほぼ全戸にばらまかれました。顔写真、自宅住所や電話番号、勤務先とその電話番号まで記されていた。」
(元ブロック長のTさん・北海道)
この事件について、Tさんは刑事告訴している。

「理容室を経営していますが、脱会後、会合など口コミで『店が立ち退きになり引っ越す』など中傷、デマを流されました。また営業中に5人の学会員が一度に来店、ひとりは客になったが、他はただ待合室に座り他の客の来店を妨害」(男性)

「自営業をしています。『裏切り者だから、あの店には行くな』と会合で指導があり、以後学会員は来ません。また、一般の方から『あの店を潰すのに協力してほしい、と学会の幹部の人から頼まれました』と聞きました。営業時間中、少なくても二、三回の無言電話がかかってきます」(元夫人部のSさん・神奈川)

「脱会後、口コミによる不買運動が近隣の県まで及んだ。何とか頑張ろうとしたが倒産した。」(男性)

「私の所有する賃貸住宅の入居者に『自分は(暴力団)S会の者だが・・』と脅迫電話が入りました。どうやって入居者の電話番号を調べたのか今も分かっていません。」(元ブロック幹部のSさん・北海道)

「勤務先へ電話してきた。『影山は町内で変なことをするから注意しろ』と言って切れた。家には学会員から何度も『殺してやる』と電話が入った。」
(元壮年部のKさん・広島)

「近くにブティックに勤める。ところがそこに学会幹部、婦人部が毎日やってきて、店主にヒソヒソ話していく。『あの人を使うなら、洋服は買わない』。
ある日、店主に店を辞めてくれと言われ、クビになる」(女性)

「学会の会合で、私が気が狂っているから注文をやめた方がいい、と流され、注文が減り、仕事を変わらざるを得なくなりました。
そのほかにも、死にかけだの、病気だのと遠い地域に住む友人に嘘を流し、聞いた人から安否確認の連絡が入ってようやく嫌がらせに気がついたこともあります。」
(元婦人部のMさん・岡山)

アンケートでは「中傷ビラを投げ込まれた」と回答した人が多かったが、Tさんのような卑劣な怪文書の他、聖教新聞、創価新報などの学会機関誌や中日新聞の投げ込みも含まれている。

このほか、「人殺し」「泥棒」「不倫で家庭不和」「倒産して夜逃げした」などというデマも限りない。
脱会者は、どうしても地獄に落ちなければならないのだろう。

学会員の職業を利用した犯罪的な嫌がらせも少なくない。

「学会員の医者に掛かっていたが、脱会したら主人の病名を会合で言いふらされた。
私自身の病名や家族の病状も筒抜けになってしまった。」
「引っ越し先の住所を学会員の市職員がコンピュータで調べて学会幹部に教えた。その後、面談強要、脅迫が続き、入院先に押しかけてきた。」

嫌がらせの手法は全国で酷似しており、時期も集中し、一斉に静かになる。
ともすれば、これは、早速、組織的な動きと言わざるを得ない。

嫌がらせやストーカー犯罪を信者にやらせていた幹部は、インタビューにこのように答えた。

尋常ではない非常識で異常な嫌がらせを脱会者に対して行う彼ら。なぜそこまでやるのか?なぜそこまでできるのか?
昔は嫌がらせを指示していた側であり、今は嫌がらせを受ける側になった、元学会幹部で脱会者の佐貫修一氏に話を伺った。

-話を聞く限り、ホント酷い嫌がらせですよね。異常ですよね。
『そうですね。鶏の頭を10個、20個と家の前に置かれたヤツとかいますからね。』

-そ、相当気持ち悪い図ですね。佐貫さんが脱会したときも嫌がらせは酷かったんですか?
『その頃はナンバーディスプレイがほとんど普及していないし、着信拒否なんてできなかったから、毎朝3時、4時まで電話が鳴りっぱなしですよ。』

-10年以上、経っているのに?それって上の人が指示するんですか?
『指示しなくても、自分からやるヤツもいます。学会男子部など裏工作や他宗教への攻撃など外部に対して働くことを主とする中心の謀略グループみたいなものがあって、持ち回りでやるんですよ。担当を決めて。もちろん指示してやらせる場合もあります。私は幹部だったからやらせていた方ですけどね。』

-中に居たときは、それは良いことだと思ってやっていたんですよね?
『もちろん、そうですよ。池田先生を守るためですからね。』


---

創価学会幹部が本を出して、集団ストーカーを暴露しています。

元公明党委員長 矢野絢也 著
黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録

『各部門と連動しながら、スケジュールを組んでの連続的な組織的犯罪だったのである。また、攻撃範囲は本人のみならず、家族・親族に及ぶものであり、精神的威嚇、社会的地位の抹殺、または生活の基盤を奪い取ろうとする、包括的なものであった。
いうまでもなく、これらの非合法的行為は、学会内部では極秘に行われており、一部の幹部しか知らない。
私は、当時、公明党の最高幹部で、学会との連絡役を務めていたことから、このような事実を知り得た。
元学会員の陳述書によると、「特殊部隊」の役割は「広宣部」が担っているという。監視、尾行、嫌がらせ、ゆえなき誹謗中傷などの違法行為は学会のお家芸ともいえるほど、常套手段化している。

監視や尾行ばかりではない。聖教新聞などのメディアをつかった私への誹謗中傷は限度をこえて目に余るひどさになり、それにともなって執拗な脅迫電話や嫌がらせ電話も増えた。脅迫や嫌がらせは私や家族だけではなく、遠方に住む親戚にもおよんだ。

録音されたデータが裁判で公開されて、彼らの魂胆が見えた。明らかに改竄されていたからだ。
ICレコーダーの音声データは、パソコンに取り込み、いかようにも編集できる。コンピューターに少し詳しい人なら音声データは容易に改竄できる。
ハイテク集団を持つ創価学会なら痕跡を残さず、データを編集し直すことなど、お茶の子さいさいだろう。』


創価学会顧問弁護士 山崎正友(著)
「月刊ペン事件 埋もれていた真実」

『 広野輝夫は盗聴器等の機械の製造と使用管理部門の中心者であり、河上覃雄(のちに公明党代議士)、岩佐俊典らは、山崎正友が手なずけた造反グループや、敵対勢力に送り込んだ情報員の管理と、“見張り”“尾行” やそのためのアジトの運営等を手がけている。

このメンバーが集まれば、山崎正友配下の「SCIA」と呼ばれる情報師団のすべてが動かせる。その資金は、北条浩がいろいろな方法でひねり出した資金を山崎正友経由で各部門に配布する

Z会は、その存在を知る幹部は本部内でも十名に満たず、厳重な秘密のヴェールにつつまれている。それは敵対勢力や造反者対策、情報や謀略、マスコミ戦略を行う、文字どおり最高秘密会で、極めて戦闘的なことがらを司る機関であり、宗教団体にはおよそ似つかわしくない、生臭いものであった。』



創価学会 芸術部書記長 小多仁伯(著)
「池田大作の品格」

『広宣部の主な活動は、
1.構成員宅の郵便物などの抜き取り
2. 構成員の盗聴
3.交友関係の調査
4.構成員への尾行
5.怪文書による攻撃
6.構成員の出したゴミなどを持ち帰り、その中から情報を収集
以上のような活動を行っていました。
当初は、組織防衛のための広宣部を結成したことが、いまでは積極的に反対者への恫喝、圧力を加える組織へと移行しているようです』

週刊新潮は、集団ストーカーされた脱会者の被害申告をまとめて記事にしました。
あなたの被害とよく似ていませんか。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

blo********さん

2019/6/2100:32:54

完璧に創価の嫌がらせが始まってますね。

私は、アパート暮しで隣の部屋引っ越して来た創価学会の夫婦と仲良くなり
勧誘をお断りしたら、次の日から部屋の壁をドーン蹴られたり、でかい音で太鼓を鳴らされたり、毎日の様に続きました。
私もやり返しました。
精神的に疲れて私が、引越しをして全て終わりました。

あなたの場合、完璧に嫌がらせが始まってます。

写真や動画を撮って証拠として、警察に提出するか?
法テラス、弁護士団体に相談
(5千円〜1万円お金が必要)
法律を利用して、警察を動かしたり
手取り足取り教えてくれます。

裁判を起こす、手順を教えてくれたり
場合に、よっては裁判の段取りも全てやって貰えます。

法テラスは、各地区に存在します。
ネットで調べれば電話番号がわかります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる