ここから本文です

西洋医学がもたらされる前の日本では、子供ができるメカニズムについてどう考えら...

chi********さん

2019/6/1810:18:48

西洋医学がもたらされる前の日本では、子供ができるメカニズムについてどう考えられていたのでしょうか。男性の精液に専ら人間の素があり、女性がそれを育てるといったような理解だったのでしょうか。

出典も示しつつご回答いただければと思います:

閲覧数:
33
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

max********さん

2019/6/1815:59:48

畑に植物の種を蒔くとそれが生えて来ると言うイメージでした。
雄からは小さな人間の元が出ると考えていたのです。
なので女性の体を畑と言います。
多くの作物を取るなら多くの畑に種を蒔くのです

  • 質問者

    chi********さん

    2019/6/1816:51:38

    ご回答ありがとうございます。直接的であれ間接的であれ、そのことを確認できる資料(古典でも研究書でも構いません)をご存知でしたら、ご教示いただければと思います。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

plo********さん

2019/6/1817:18:11

西洋医学だって子どものひな型が精子に入っているというバカな考えをしていたので参考にはならない。

本能的に遺伝のことぐらいはわかっていたさ。

猫だって三毛猫はメスしかいないし、赤猫はオスばっかりってこともね。

それって親の模様がわかってるから気づくことだろ。

昔の日本人のこと、ばかにしてない?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる