ここから本文です

何故、藤原氏や平家は天皇に成り代わろうとしなかったの? 何故、頼朝も尊氏も家...

何故、藤原氏や平家は天皇に成り代わろうとしなかったの?
何故、頼朝も尊氏も家康も天皇の家臣のカタチをとったの?
将門公はやろうとしたじゃん。

閲覧数:
42
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/6/1818:29:20

平将門の本心は分かりませんが、
彼が新皇と名乗ったのは、天皇に取って代わるという意味ではなく、
関東の新たな王という意味で、京都の天皇家を打倒するという意思では、
無かっただろうというのが、今日では通説になっています。
その意味では、後に源頼朝がやろうとした事と、大差ないでしょう。

日本で、王朝交代が起きなかった理由というのは、
日本のみならず、海外でもその特異性が論じられています。
天皇家が宗教的権威と一体化していたため、これを廃す事による、
社会的不安が恐ろしかったためとか、権威と権力を分離した方が、
政権を長期化しやすいためなどと、さまざまな議論がなされていますが、
未だに定まった考えは、得られていません。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

che********さん

2019/6/1818:48:40

早くから、権力と権威が分離されていたから。覇者は権力を掌握すれば、事が足りた。仮に分離されていなければ、必然的に王朝交代ということに。
将門は、坂東で独立をめざしたしたので。王朝交代とは言い難い。

2019/6/1818:33:04

天皇は利用する存在。自分でなったらつまらないだけ。
将門は、いちのまにか周りに乗せられちゃっただけ。本人には全然その気はなかったのに。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる