ここから本文です

アンテナ放射パターンの測定 ミリ波のアンテナを作ったので同じアンテナを対向さ...

プロフィール画像

カテゴリマスター

mat********さん

2019/6/1916:57:58

アンテナ放射パターンの測定
ミリ波のアンテナを作ったので同じアンテナを対向させたところ、
そこそこにアンテナとして動作していることが分かりました。

放射パターンを測定したいのですが、
作ったアンテナはビーム幅が広くボンヤリしているので、
パターンの形がボンヤリとしか分からないと思います。

しかし、複数回の測定と計算でパターンが分かるような気もします。
ピンボケの写真を後からピント合わせるような話を聞きますし、
合成開口レーダーのように解像度を上げる方法もあります。
MRIでもそんな計算で画像処理しているとか聞いたような?

調べていますがキーワードが分かりません。
測定と計算で解決できるヒントをください。

補足通常、DUTアンテナの放射パターンを測定するアンテナは、
ホーンアンテナ等の指向性の鋭いアンテナを使えば簡単です。
しかし、送受が同じアンテナであれば計算や測定で補える方法があるのではないか?
ということです。
スペアナでRBWより細かい変化を見るようなことですが、
MIMO的に空間多重に測定するなど、
細いビームで測ったのと同等になる方法無いですか?

閲覧数:
61
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sun********さん

2019/6/1920:18:00

複数回の測定を平均すると、S/N比は上がりますが、ピンボケの像がはっきりすることは無いと思います。

ビーム幅が広くてピークとの差が分かりにくい理由が、ノイズや測定方法のゆらぎによるものなら、平均化の意味もあると思います。

  • sun********さん

    2019/6/2006:44:26

    逆に、質問をしても良いですか。

    (1) ミリ波のアンテナを作ったことがないので分からないのですが、測定器側のアンテナを指向性の強いものにする理由は何ですか。UHF以下だと、測定器側の指向性はどうでも良いと思います。

    (2) 被測定アンテナを固定しておいて、測定用のアンテナを周回させる理由は何ですか。普通は、それでは測定環境が一定であることを保障できないので、それぞれの位置を固定しておいて、被測定アンテナを回転させて測定すると思います。

    さて、その上で、以下の様に考えましたが、いかがですか。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

eb7********さん

2019/6/1921:40:21

2つあるんだから、片方を対向0度に固定して、残る片方を角度を測って振れば指向性特性が分かると思うんだけどね。
繰り返し周波数を決めてパルス波を与えれば、その波長でのその角度でのアンテナ利得が出るよね。複数回の測定とか計算とか無しで。

解像度というのはビーム幅でしょうか。
そのアンテナの最大ゲイン(多くが正面)から3dBだけ減った(半減した)左右幅が一般的なビーム幅ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hon********さん

2019/6/1920:22:51

何を勉強してんだか?
人に物の尋ねかたも知らんど素人らしいな?
・・・そもそも、どんなアンテナ作ったかも書いてないだろ?
作った仕様もサイズも分からん!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる