ここから本文です

固定資産税も相続税も、財産に対する税で、相続は路線価と時価の選択ができますが...

caw********さん

2019/6/2412:58:43

固定資産税も相続税も、財産に対する税で、相続は路線価と時価の選択ができますが、固定資産税の方は、てきるのでしようか?

閲覧数:
70
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

miy********さん

2019/6/2912:39:27

まず相続税と固定資産税では、課税の方式が異なります。相続税は納税者の申告方式ですが、固定資産税は課税庁による賦課方式です。

そのため相続税では、相続税法では、財産価格を「時価」とだけ定め、国税庁の内部通達「財産評価基本通達」を公開し申告の便宜をはかっています。同通達はあくまで内部通達なので、国民に拘束力はなく、国民は法に基づいて「時価」で申告することは理論上可能です。同通達に国民が従わなくても罰則は有りません。(自由ですが、その財産価格が適正であることの証明が必要です。)

それに引き換え固定資産税は賦課方式ですので、役人の方に自由裁量を与えるのは好ましくありません。地方税法そして告示「固定資産評価基準」でその評価方法は定められており同基準から外れた評価は違法になります。

よってご質問の回答としては、固定資産税には「時価」(固定資産評価基準以外の評価)での評価は出来ません。

  • 質問者

    caw********さん

    2019/6/3008:58:22

    ありがとうございます
    固定資産税と相続税の違い分かりました 固定資産税評価基準には時価によって評すると記述があるのは何故ですか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

a00********さん

2019/6/2413:13:58

できません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる