ここから本文です

地獄の炎はこの世の炎とは全く別のもので、例えば、この世の闇の何万倍もの強力な...

vap********さん

2019/6/2502:39:08

地獄の炎はこの世の炎とは全く別のもので、例えば、この世の闇の何万倍もの強力な闇の力による、炎で焼かれるのと同じ程度の苦しみが与えられるものだったりするのでは。

閲覧数:
19
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

crs********さん

2019/6/2506:41:58

地獄の炎がどのくらいかわからないが、この世の炎の最高温度は原子爆弾が作り出す。広島や長崎には、一瞬にして壁や道路に焼き付けられ影のようになってる人たちがいたそうです。この世の地獄の炎は原子力が作り出した。それは人に罰をあたえる資格のない、科学者が作り出した。この世の地獄の炎で焼かれた人は罰ではない。
火傷で助かった人の方が地獄の苦しみを味わってしまった。もし仮に半島に落としたとしたら、今頃は米国大使館前に原爆に苦しむ人の像が立っているだろう。
いつか行くあの世、原爆の何万倍の力想像もできないが、一瞬の罰、影も形も残らない、どうせ死んでいるんだ一瞬ですめば苦しまない。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mic********さん

編集あり2019/6/2507:52:50

精神世界にとっては、
肉体的なものよりも、
数十倍くらいの痛みがあると聞く。

肉体は燃え尽きたら火は消えるが
地獄の炎は消えないらしい

つまり肉体でない霊体は滅びないから、
消えない地獄の炎は燃え続ける。

でも、消えない水でもかけなければ消えるかもしれないけど、
地獄に水は無さそうだ。

ただ、創造神の力があれば、、
何とかは出来るかもしれないけどね。。

kay********さん

2019/6/2503:33:09

仏教は生まれ変わるというのが基本の考え方です。生まれ変わるのですから天国や地獄が現実とかけ離れた所に在ったのでは辻褄が合いません。天国も地獄も現実の世界で見ることができます。例えば金持ちの幸せな家庭に生まれる子供と、貧乏で親から虐待されるような家に生まれる子供、この違いが天国と地獄です。他には平和な国に生まれる子供と戦争が絶えないような国に生まれる子供、この違いも天国と地獄です。
仏教の地獄絵図は比喩です。地獄絵図には火で焼かれたり身体を切り刻まれたり水責めにされたりしている姿が描かれていますが、爆弾で吹き飛ばされたりタバコの火を押し付けられたりすることとなんら変わりはないと思いませんか。罪人を攻めている鬼は怒り怨み嫉妬に駆られた人間の姿を比喩的に描いたものです。子供を虐待する親や戦争で多くの人を焼き殺し傷ける人間が鬼なのです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる