ここから本文です

ホンダのパワーユニットスペック3でホンダジェットの技術を投入とあるのですが,少...

kan********さん

2019/6/2508:28:55

ホンダのパワーユニットスペック3でホンダジェットの技術を投入とあるのですが,少し具体的に言うとどの部分なんでしょうか.

レース部門と航空部門は技術的な共通点が多く見られるということなんですが,それをもう少しだけ詳しく知りたいです.
燃焼系,ターボの効率系,冷却系など考えられるんですがどうなんでしょうか.

閲覧数:
61
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

loo********さん

2019/6/2522:21:33

タービンですね。
分かりやすく言うとターボのタービンと、それを回すための排気タービン、まあ羽根のようなものです。

航空機のジェットエンジンは前から取り入れた空気を圧縮してそれに燃料を混ぜて火をつけています。そうすることで後方から噴射する燃焼ガスの速度を稼いで大きな推進力を得ています。その圧縮するためのタービンの技術からなにがしかのものをを取り入れたってことですね。まあ似たようなものでもあるので。

ICEのパワーを上げようとするとどうしてもICEの効率化になってしまうのでそうすると排気熱が少し減ります。熱で捨てる分を駆動力に変えたようなものなので。なので排気熱が減ってもターボとMGU-Hが過不足なく働くためにはこの部分の効率化は避けて通れません。
パワーアップしたICEは完成期限をイタリアに設定しているそうなので、その前にターボの効率化はできましたよって事かなと思うのですが。ICEの方はたぶん一生懸命だろうと思います。ルノーのICEの向上がかなりあるようなので。

質問した人からのコメント

2019/7/2 07:59:28

詳しいご解説ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ind********さん

2019/6/2521:53:22

精度です。

ネジ1本やワッシャー1個に至るまでミクロの単位でサイズを一致させないとガタが出て振動や故障の原因になり性能を発揮できません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yc2********さん

2019/6/2517:46:29

ターボの羽の形状をジェットエンジンの開発で培った技術で
最適形状を解析し、作り替えたのです。

unk********さん

編集あり2019/6/2517:34:00

ファンを使ってるターボ機構やMGU-Hだと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる