ここから本文です

MATアローやウルトラホークなど、対怪獣コンバットチームの戦闘機は並列複座を...

ショーン圭さん

2019/6/2621:38:16

MATアローやウルトラホークなど、対怪獣コンバットチームの戦闘機は並列複座を採用している機体が多く、怪獣上空での地上部隊への直協任務や、長時間哨戒任務、

被弾時の連携の容易さなどメリットが多いと思えます。
しかし実機ではA-6イントルーダーとF-111くらいしか該当がありません。タンデムシート機では被弾時に前席と後席の機内通信も途絶して射出シートの起爆に手間取り危険な状態になったことがあるそうです。
実機の適用において並列複座は実用的でないようですが、なぜウルトラ戦闘機は並列式をかたくなに墨守するのでしょうか?

閲覧数:
20
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ipp********さん

2019/6/2622:55:19

攻撃機ならSu-24やSu-34も並列複座ですね。Su-24の後継機としてSu-27の複座攻撃機型を作るにあたってわざわざ並列複座に改造させたってことはロシア空軍も攻撃機は並列複座が良いと判断してることになります。ちなみにロシア機だと攻撃ヘリのKa-52も並列複座です。
戦闘機は抵抗減少を優先して縦列複座にすることが多いですが対怪獣攻撃機ならそこまで速度優先の設計でなくても構わない、あるいはエンジン出力が充分に大きいため抵抗増加が許容できるというところでしょうか。

  • 質問者

    ショーン圭さん

    2019/6/2623:01:04

    理由はキュラソ星人逃亡の際にビジュアル的にアンヌが欲しかったからに尽きます。子供相手の番組に空力や戦術的妥当性など考慮に入れているはずがありません。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/6/26 23:05:42

ごめんなさい
私が悪かったです。
許してください

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

jjh********さん

2019/6/2622:13:53

『ウルトラマンティガ』以降の平成シリーズでは、縦列が多いと思いますけどね。

昭和シリーズでは、コックピット内カットの見栄えを重視していたのではないかと思いますね。特に大型機のコックピットの場合、数人が乗り込むことが多いため、正面の操縦席は並列にした方が収まりがいいのでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる