ここから本文です

ネイサンチェン選手や宇野昌磨選手のファンがあまりルールに詳しくないのはなぜで...

アバター

ID非公開さん

2019/6/2814:35:20

ネイサンチェン選手や宇野昌磨選手のファンがあまりルールに詳しくないのはなぜですか?

NHK杯のアサインの件で、聞いたこともない理論で羽生サイドの陰謀だ圧力だ不正だって騒いでますけど

、そういうお仲間の間違った認識を指摘する彼らのファンが誰もいないのが不思議です。
アサインの傾向なんてここ10年変わってないですよね?

閲覧数:
1,193
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aujaf******さん

2019/6/2815:31:39

ファンじゃなくて、昔からいる羽生アンチが憑りついているだけじゃないの?
そういう人たちが流す陰謀論を新規ファンが信じてしまったケースもあるだろうけど。

GPSのアサインの傾向は変わりません。
選手の希望+主催者・主催国の意向+1位から3位、4位から6位はそれぞれ原則かぶらせないルール。
自国開催の試合には、なるべく自国トップ(世界選手権最上位)を出したいと思うのが自然。
羽生・ネイサン2人を同時に出せない場合は、NHK杯なら羽生を選ぶだろうし、スケートアメリカならネイサンを選ぶでしょう。

  • aujaf******さん

    2019/6/2817:11:28

    >全日本チャンピオンが日本のエースで国内のNHK杯に出る が正規ルートです。

    それなら、なぜ全日本で優勝した坂本選手がNHK杯に出れないのでしょうか?
    他にも、2008年全日本優勝の織田さん、2012年優勝の羽生選手が翌年のNHK杯にエントリーされなかったケースもあります。

    GPSのシードは世界選手権の上位6選手で、1から3位、4から6位をかぶらせないルールがあることからも、世界選手権の結果が重要であることは明らかです。

    >ルールを破っているのが

    全日本欠場時のルールが明文化されていて、それに従ってる以上、ルール破りには該当しません。


返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「宇野昌磨」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kan********さん

2019/7/115:52:55

羽生選手のファンは、そのような間違った認識を持ったファンに対していちいち指摘してきたんですか?
少なくとも私はそうは思いません。
というかそれが普通です。
まともなファンが指摘したところで、狂信的ファンに何言っても聞く耳持ちませんから。
羽生選手の狂信的ファンは全く羽生選手の出てこない記事に対してコメント欄で他選手やコーチをボロクソに叩いていますから、あなたはそのような人たちをどんどんやっつけてください。

グランプリシリーズのシード選手のアサインのルールに関してあなたは何でも知っているんですか?
ISUの関係者ですか?

2. DESIGNATION OF THE SKATERS
2.1 Seeded Skaters/Couples
a) Skaters/Couples who have placed 1 – 6 in each of the 4 disciplines (Men, Ladies, Pair Skating, Ice Dance) at the ISUWorld Figure Skating Championships 2019 will be considered to be Seeded Skaters/Couples and will be assigned, by draw, to skate in two events.

傾向があるにしろ、この説明からは2019年の世界選手権で1位~6位までの選手がシード選手である事くらいしか分かりません。
by drawとありますが、どのように抽選されるかさえ書いていません。
他に分かることは1~3位の選手は別々の試合にアサインされる事が多いことくらいです。

羽生選手のファンは競技やアサインのルールに詳しい人ばかりなんですね?
それならば、あなたが代表して今回のアサインがどのように行われたかをここで説明すればどうですか?
そうすれば納得する狂信的ファンもいると思いますよ。

kar********さん

2019/6/3017:47:31

羽生ファンは元々、こう大スターになる前は「技術の人」であり
アイドルというかアーティスト推しのファンが多かった高橋大輔ファンに
大して「理詰め」で対抗する嫌いがあった人たちで
その伝統を熱心なファンが受け継いできてる気がします。
「パッションだ」「表現だ」ではなく数やルールで説明する癖というか。

古い高橋ファンはいまだに「表現の高橋」「技術の羽生」でパターン化
して考える人もごく一部いてそれが羽生アンチ層の高橋ファンと重なっています。
舞踊的な演技を「表現が素晴らしい」と考えるので
高橋ファンがバレエ的表現とステップが得意であるネイサンに移行したのは
理解できますし宇野君も印象的なマイム的な表現で魅せます。

そうやって分類できるものではなく実は全選手が全くタイプが違うのですが
悪質は勝手にパターン化します。
特に羽生選手を倒してくれる相手として強い選手を推しているうちに
本当にファンになったという事もあると思います。

元々雰囲気とイメージとノリで応援しているのでスケートのルールだけじゃなく
大会選出のルールにも詳しくなくスケ連は敵と思っているので
公式HPやルールブックも見ずに陰謀論サイトだけ見るので
いつまでたっても「別の国の話ですか?」と言う話をし続けます。

新規のネイサンファンや宇野ファンは羽生ファンと親和性があって
仲がいい場合が多いと思うし若いファンは特に全員応援スタンスの人が
多いと思いますが中にはうっかり陰謀サイトを見て
切れてる人もいるのではと思います。

悪質ではなさそうなのに勘違いしてる人には自分はこっそり自分は
ネット上で教えてあげちゃったりしていますが
感謝されることも結構あります。悪質ばかりではなくファン歴が浅すぎて
知らない場合も多いと思います。
特にアイドル視点で好きになった方などはファン同士の噂の方を
信じちゃうことも多いみたいですね。

アサインに関しては決まったルールというのは1位から3位までが重ならないと言う事ですが、上位選手の希望が通りやすいものの
GPSは試合ではあるものの興業でもありますから主催国の意向も
当然入ってくると思います。
ネイサンはNHk杯にも来たかったらしいですが(大学の都合で)
ネイサンの大学の都合よりGPS・NHK杯の意向が
尊重されたんだと思います。
普通に考えて当たり前のことなんですがアンチや若いファンだと
当然推している選手の事しか眼中にないですからそんなことまで
推しはかれないんだと思います。

NHKはNHK杯の大きなスポンサーですから視聴率が取れる
日本のトップ選手を希望するのが普通ですし
我々日本人、特にフィギュアファンではない一般ファンを引き付けるには
海外の選手ではなく日本の選手だろうと思います。
羽生選手は推薦され辞退しなかったということでしょう。
模試辞退していれば1位のネイサンと4位の宇野君が出ていたと思います。

推測ですがそこまで推測しなくても私は今年は羽生君は
NHK杯とアメリカかなと思っていました。
懸案としては試合が連続になってしまうので辞退することもあるかな?
という事ぐらい。

アメリカの大会も当然ネイサンを希望したと思いますが。

ネイサンは学業とスケートを両立していてしかも世界選手権優勝。
新ルールでの世界最高得点も取っていますし凄い選手ですが
だからと言って彼の大学のスケジュールが何よりも優先されると言う
事はないと思います。

皆さんそれぞれ選手は予定を繰り合わせて試合に出ていますし
そんなことはネイサンも知っておりギャラガーさんのインタでも
別に強く希望したのに出れずに残念だったというようなことは
全く言っていません。

反舌無声さん

2019/6/2915:29:38

>ファンがあまりルールに詳しくないのはなぜですか?

昭和の時代からフィギュアスケートを観ている中年の私は、これと同じ趣旨の言葉を選手の名を変え、ずっと拝見しています。
年長の選手のファンが年下の選手のファンについて語る時のお決まりのフレーズです。
これに類する、より一般的な言葉は「最近の若者は~~」。紀元前から続く世代間ギャップの言葉です。

ですから、主様がそう思われるのでしたら、フィギュアスケートファンとして思考が老けた、ということでしょう。


>アサインの傾向なんてここ10年変わってないですよね?

傾向は毎年、目的に応じて変わり得るものです。故に、10年不変となればかなり特徴ある構図の筈ですが、そこまで確乎とした傾向を私は見て取れませんでした。
特に日本に関してはこの10年は過去とは異なる状況です。変わって当然な現実がありました。現実に合わせようと、イレギュラーを取り入れていたと感じます。
主様の仰る『アサインの傾向』の意味するものが私には判りません。

シード選手について我々ファンに正式に知ることが出来た範囲で変わっていないのは、世界選手権6位以内のシードがあることと、そのシードが3位以内と4位以降で分けられ各々の中では重複しないこと、以上の基本方針2つだけです。
シード選手をどの様に大会に割り振るかさえ発表はされてはいません。

ファンにはブラックボックスになっていることをどの様な形であれ、定まったことの様に主張するのは誤りと私は考えます。
主様の仰る『傾向』が何にしろ、一方、主様が眉を顰める『理論』が何にしろ、何方も正しいと主張する根拠はないのではありませんか?
仮に独自の根拠があるのであれば、そこを記せば済むこと。それが記されないなら如何やって信じるのか私は疑問です。

内容が何であれ、そうして根拠ない主張を信じるとすれば、大抵、それが自身にとって心地良いからです。そういうものは心地良さを共有したい仲間同士で楽しむ分には良いでしょう。
ですが、他を説得する力は持ちません。
それは誰もが自覚しておくべきことと存じます。
よく二元論的にファンが振る舞うのをフィギュアスケートでは拝見しますが、主張内容こそ違えど、根拠なく信じたものを外に対して通用させようとしている様相は相似形で、両者の更に外から見れば大変似ていらっしゃるものです。

10年前は当時の選手が出場大会が決まって「籤運」や「幸運」といった語を含む反応をしたことが報じられ、シード内で抽選が行われる、とも言われていました。
今回よく耳にするのは、主催者の意向が一番強い、と、世界フィギュアの順位順に希望が通り易い、の2つでしょうか。
であれば、少なくともファンの認識は10年で変わっています。

当時も現在も実際に如何、決定したかは公表されていませんが、それだけに言えるのは、この10年に傾向どころか割り振りの原則さえ変わったかもしれないし、変わらなかったかもしれない、ということだけでしょう。

mac********さん

2019/6/2915:03:28

ファンがと言うより、アンチは独りよがりで現実見ないでただ喚く。と言う事なんだと思う。ルールほか常識的な事も人から見られる事も関係ないんだと。

どう考えても、アサインの振り分けの感じなんてわかるでしょ。大会前に答えたネイサンは別に大したこと無い話題だから言ったように思う。

dof********さん

2019/6/2910:57:00

ルールって競技プログラム内のルールでなく、派遣とかアサインに関してって事ね?

自分はネイサンも宇野くんも大変応援してますが、確かにアサインに関する云々はあまり知りません。
誰がどこに派遣されても、正直ヘェ〜しか思いません。試合はどの試合でも、楽しみにしています。
ここ数年の、アサインや派遣に関するファンの関心度は凄いんですね。ネイサンや宇野くんのファンだけがルールに詳しくない人達ばかりとは全く思いませんが。

どこの試合に出ようが、選手達はベストを尽くすだけの話で、私達はそれをただ応援するだけ、のシンプルな話ですよね。何かおかしなファンがネイサン、宇野ファンに限らないと思いますが沢山いるものですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる