ここから本文です

一戸建てのリフォーム 10月の増税を控え、あちこちで駆け込み需要で工事をする...

アバター

ID非公開さん

2019/6/2818:55:23

一戸建てのリフォーム
10月の増税を控え、あちこちで駆け込み需要で工事をする話を耳にします。

慌てて工事せず、増税後の補助金などの施策もあるようですが、私のような高齢者夫婦住まいの戸建て住宅において、今後どのようなリフォームがトレンドになるのでしょうか?

閲覧数:
134
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

斉藤 進一さんの写真

専門家

2019/6/2819:32:57

はじめまして
既に駆け込み需要の特定期間は過ぎているので、慌てて工事を申し込む必要は無いと思います。
高齢者住宅におけるリフォームは
・バリアフリー
・耐震
・省エネ
の3本柱が人気だと思います。

省エネに関しては先日、執筆させて頂いた記事がありますのでご参考にして頂ければ幸いです。

https://www.jyutaku.co.jp/column/%e4%b8%80%e6%88%b8%e5%bb%ba%e3%81%...

アバター

質問した人からのコメント

2019/7/1 14:48:30

今後のリフォームの参考になりました
記事も参考にさせて頂きました
ありがとうございます。

回答した専門家

斉藤 進一さんの写真

斉藤 進一

建築家

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

介護福祉建築を得意とする建築士で、独立系社会福祉士としても活動しております。 [対応業務] 1. 建築設計・監理 高齢者・障がい者の新築住宅建築設計・リフォーム・増築等において、本来の「家族像」を大切にしたお子様からお年寄りまでが住みやすいデザイン...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

poi********さん

2019/6/2819:41:48

今急に10%に成る訳で無く2%余分に成るだけです。

駆け込み注文で、増税後は注文が激減して、2%位は
値引きしてでも、業者は注文が欲しい状況に成ります。

今後どのようなリフォームに成るかと云えば、先ず
外壁や、屋根の雨漏り対策です。
雨漏りを放置すると耐久年数が著しく短く成ります。

以下は予算次第で・内装は畳取替やクロス張替・場所に
依っては、建具の取り換え、キッチン・ユニットバス
取り換えです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる