ここから本文です

戦後 台湾を統治することに なった中華民国が、 台独派を 徹底的に摘発しなかった...

フアンマヌエルさん

2019/7/123:20:14

戦後
台湾を統治することに
なった中華民国が、
台独派を
徹底的に摘発しなかったのは
なぜですか?
また台湾の本省人は、
日本の奴隷化教育を
受けていて、
思想が汚染されていたのに、
学校教育を通じて
奴隷化思

想を
掃き清めて、
中国人としての意識を
注入することにも、
消極的でしたね。
なぜ中華民国は、
台湾の本省人に
甘かったのでしょうか?

閲覧数:
47
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tai********さん

2019/7/617:27:59

一面的な物の見方では歴史は語れません。
当時の世相を勉強すればわかる話です。

当時日本式教育を受けた台湾人は、中華民国からみたら超エリート層です。脅威でもあった反面、戦後の新しい(特に台湾逃げてきてからの)社会をつくる上では彼らの力なくてはできないことは気づいてました。
なんせ大陸からつれてきた国民党は、どいつもこいつも原始人みたいな奴ばかりだったそうですから。彼らが台湾に来て初めて電気や水道を見て驚いた、なんて話もあります。文明の熟度の差は推して知るべしですね。

また、とっくに戦争に負けた日本よりも、新たな敵「中国共産党」が身近に迫ってきていました。うかうかすると逃げた台湾まで占領されそうな勢いです。

なので蒋介石としては大至急台湾の社会基盤を整備して、大陸へ反攻できる体制を整える必要があったわけです。
でないと、蒋介石自身の命もあぶなかったわけですからね。

日本どうこう以前に、反共という目で分析するとわかりやすいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

man********さん

2019/7/213:20:22

「非情城市」という秀作の映画があるので
機会があれば見られたら良いと思います。
228事件という本省人の暴動事件以降
台湾独立派は 共産主義者と関連付けられ
今の北朝鮮と同様の 相互監視・密告が
奨励された事により 外省人に尻尾を振る
本省人が摘発の片棒を担ぎ 多くの知識人
指導的立場にある人が 連行され 拷問を受け
銃殺されたり 長年にわたり収容所(緑島が有名です)
での拘禁された人も居ました。

学校教育で 徹底した国民党政府の歴史観を基にした
抗日戦争の歴史教育及び反共教育を受けた子供が
家に帰ると ラジオでNHKの放送を聞き 日本の歌を
口ずさむ親の世代とのギャップに苦しむ
「多桑(父さん)」という佳作もありますので
これも機会があれば ご覧ください。

hif********さん

2019/7/210:20:08

歴史を勉強してから質問しなさい。
戦後中華民国が台湾で、日本の資産を接収するために台湾に渡ってきた外省人が本省人と衝突し2~3万人の本省人が殺害されています。
役人も上級職は全て外省人が就き本省人は下級役人にしかなれないなどの差別もして本省人を抑圧しました。
それが本省人にとって外省人よりも日本人のほうが良かったという感情をもつようになった原因です。

pqe********さん

2019/7/123:57:35

蒋介石が日本に甘かったから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる