ここから本文です

障害年金の不支給決定について。

アバター

ID非公開さん

2019/7/413:52:07

障害年金の不支給決定について。

私は初診日の主治医が書いた診断書のおかげで、遡及分が不支給になりました。すぐさま審査請求を行い、棄却。どうしても納得がいかずに再審査請求も行い、最終的に行政訴訟を起こし、そこでやっと診断書の書き直しが認められました。正しい診断書を再提出するまでに山ほどの弊害がありましたが、遡及分の支給が決定されました。
初診の頃の主治医は障害年金受給に理解がなく、書いて下さった診断書の中身は最低なものでした。書き直しを訴えましたが聞き入れてもらえず、年金事務所の窓口でも「こんな簡素な診断書は私は初めて見ました」と言われ、主治医にもう少し加筆が必要と思われると電話までして下さいましたが、それに激怒、絶対に訂正しないと言い切られてしまいました。
診断書の修正、再提出が認められた後も主治医の対応は酷く、行政から指導が入り、渋々カルテに基づいた内容に辿り着けました。年金事務所の係の人達の方が本当に温かい対応でした。
このような申請は珍しいと聞きました。同じように行政訴訟まで行った方はおられますか。結果もよろしければお聞かせください。

閲覧数:
479
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yhf********さん

2019/7/1014:23:30

他の回答者の方々の意見は批判的ですが、障害年金はケガも対象になり、質問にはウツである旨の記載はないようです。また初診日が大事なために、一般的な診断書と異なり他の病院では書けません。

現実的な問題としてそのような書類に極めて疎い医師がいるのも事実です。記載事項に不備が多ければ、問い合わせや確認がなされることは実際にあります。また無駄にプライドが高い医師は「絶対に~しない!」というケースもあります。

行政訴訟の結果それが認められたのであれば、質問者さんの主張が正しいことが客観的に証明された形です。これらを踏まえると一方的に質問者さんを非難するのは如何なものでしょう?

回答にはなっていませんが、私見です・・・

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aki********さん

2019/7/1102:18:49

こんだけの文章が書ける人が、障害者
年金を受給する資格はありません!
あなた、働けれるでしょ!
もっと、症状の重い障害者でも、障害者
年金を貰えてなく、苦労している人は
沢山います!

saf********さん

2019/7/1101:36:53

精神科にかかるのも、運があり、難しいものなのですね。質問者様は、くじけずに最後まで追及なさられ、ごりっぱだと思いました。

mak********さん

2019/7/918:48:53

書類1枚提出でアグレッシブ(笑)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

unk********さん

2019/7/615:13:37

ええーー?!
こんな文章かける人が年金もらえるレベルの鬱病なんですか!?!?

ええー!?

gor********さん

2019/7/522:19:03

ネタかどうか知りませんが、障害者年金をもらうほどのうつ病?でこれだけ自分で判断できて行動できる時点で胡散臭いです。
障害者年金をもらうようなうつ病はそんな元気はありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる