ここから本文です

京都には洛陽という名称がつく場所が多いですが中国の洛阳から来てるんですよね?...

アバター

ID非公開さん

2019/7/502:12:50

京都には洛陽という名称がつく場所が多いですが中国の洛阳から来てるんですよね?現在の中国の洛阳って日本の京都にそっくりですか?

閲覧数:
35
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

met********さん

2019/7/512:44:43

日本人が中国文化と言うときには一般には唐朝文化をクライマックスとしています。周から唐までの文化は奈良時代に日本に入ってきて、ギリシア・ローマがヨーロッパの文化的な父であるように、唐までの文化は日本人にとっても文化的な先祖です。

だから、現代はともかく、伝統的な日本人が中国の都といって思い浮かべるのは古代から唐までの中国の都、つまり、長安と洛陽です(三国志時代はイレギュラー)。

このうち長安は武の都のイメージが強く、洛陽は文の都のイメージです。東西が逆ですが長安が鎌倉・江戸、洛陽が奈良・京都でしょうか。ドイツ民族で言うとベルリンとウィーンの関係。

実際、洛陽のある河南省辺りは昔は中原と呼んで、ここを支配するものが天下を支配すると考えられていました。日本で言うと近畿地方です。

以上のことから、京都の人々には、文の都洛陽への憧れがあり、また似たポジションに居るという自負もあって、京都を日本の洛陽と呼んだのだと思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/7/512:51:18

    回答ありがとうございます。中国の文化と言えばチャイナドレスとか弁髪とかもありますがそれらは唐の文化ではないから日本には入ってこなかったのですか?

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hid********さん

2019/7/508:29:09

後漢が都にしたのが始まりですね。日本で都に行くことを上洛といいます。鎌倉時代から使われているかな。その頃の中国(南宋)との付き合いで伝わったのでしょうか。

eco********さん

2019/7/507:51:07

違う。
昔の「洛陽」から来ている。
現在の都市である洛陽とは、ほとんど関係ない。
姉妹都市も結んでないし。

中国のメディアに、
「京都は、洛陽よりも洛陽らしい」
って記事が載ったぐらいで、今の洛陽と京都は、全然、似てない、

pqe********さん

2019/7/507:38:26

最初は平安京の東半分を洛陽、西半分を長安と読んでました。西半分があまり開発されず放棄に近い形になったので、結果的に洛陽の呼称だけ残りました。

現在の中国の洛陽と日本の京都は似てません。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる