ここから本文です

お悔やみ、御香典は、どの様な意味で渡すものですか?

アバター

ID非公開さん

2019/7/716:41:36

お悔やみ、御香典は、どの様な意味で渡すものですか?

もちろん、金額が多すぎてはいけない(喜んでいる様に思われる為)、濃く書いてはいけない(悲しみの涙で薄める意)などの礼儀は分かりますが、悲しんでいる遺族へお金を包む本来の意味を詳しく教えて下さい。

閲覧数:
45
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

des********さん

2019/7/716:43:23

>御香典

そのまま線香代です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

wak********さん

2019/7/718:27:46

>遺族へお金を包む本来の意味

今から50年くらい前までは、国民の大多数が農林漁業に従事し、商工業でも自営の大工さん、畳屋さん、豆腐屋さんなどがほとんどでした。
半分、自給自足のような生活でどこの家も現金収入は乏しかったのです。


香典は相互扶助であり、香典返しはありません。

『香典は日本独特の慣習である。今では施主側で香を準備してあるが、昔は会葬者各自が香を持参して焼香したものである。香典という言葉の由来でもあるが、昔の村落共同体の葬儀は、死者が出ると葬式の全てを村人が参加して行っていたのであり、米や小豆や野菜などを持ち寄り、料理なども村人が作っていたのである。そうした労力や物品の提供が香典という形として助け合って生きる相互扶助の精神を残したといえる。私が葬式の現場にいた頃は二百人以上の会葬者があった場合、香典料で葬式費用がほとんどまかなわれていた』
https://hajime-himonya.com/?page_id=575



神武景気、岩戸景気、いざなぎ景気など高度経済成長時代を経て、庶民でも自家用車が持てる今の時代、葬式費用の50万、100円万くらいは誰でも出せますが、香典の慣習は残っているのです。


最近は戦後、一時期流行った新生活運動が、関東甲信地方で復活しています。

栃木県足利市

【会葬者の心得】
•香典袋に、お返し辞退のラベルを貼り、新生活推進額1,000円を包み実行しましょう。
(お返し辞退ラベルが無い場合は、「お返しは辞退申し上げます。」と書きましょう。)
•お返しは、意思を強く持って辞退しましょう。

【施主の心得】
•運動の趣旨を理解し、お通夜も含め葬式は簡素化で行いましょう。
•香典返しを自粛しましょう。
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/page/sinseikatu.html




埼玉県入間市

市では、市民の経済的負担を軽減できるように、葬儀の際の香典の簡素化を進めています。
•香典の金額は3000円までとします。
•香典返しは一切ないものとします(会葬礼状、ハンカチ等、礼の範囲を除く)。

個人的な過去の付き合いから一気に新生活運動へ移行することが難しい場合もあるかと思われますが、徐々にこの運動が市民の皆さんの生活の中に浸透していくよう、新生活運動を進めていきます。皆さんのご協力をお願いします。
http://www.city.iruma.saitama.jp/kurashi/todokede/sougi/sinseikatuu...

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる