ここから本文です

相対屈折率は入射光の波長によって変化しますか?

mog********さん

2019/7/717:28:05

相対屈折率は入射光の波長によって変化しますか?

屈折の法則(スネルの法則)で
sinA/sinB=λA/λB=vA/vB=nAB
とあるので、入射光のλAが変化すればそれに応じてλBが変化し、その比であるnABは一定と考えました。
そもそも相対屈折率は2媒質間の関係の式であって、(光を通して初めて測定出来るものではあるものの)そこを通る光の性質によって変化するものではないと思いました。
間違っているでしょうか?

閲覧数:
12
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

boy********さん

2019/7/913:21:39

波長によって屈折率が違うからこそ,三角プリズムで虹が見えます.

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

yok********さん

2019/7/718:13:52

わずかに変化します。

nAB が波長に関わらず一定であるならば、同じ入射角Aに対して屈折角Bが波長によって変わる「分散」を説明できません。

屈折率は物性のひとつですが、光に対する「応答」を示すのですから、「光の性質によって変化する」ことは何ら不自然ではありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる