ここから本文です

この寛永通宝は庶民のもので、適当につくられたために永が斜め上にはねてしまって...

アバター

ID非公開さん

2019/7/1002:57:53

この寛永通宝は庶民のもので、適当につくられたために永が斜め上にはねてしまっているのですか?

補足裏面は何も書かれていません。

寛永通宝,庶民,斜め上,書体,銭貨,元文年間,請負事業

閲覧数:
30
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2019/7/1003:40:31

銭貨の鋳造は民間の請負事業ですが、字体は決められてはいなかったので各鋳造所によって違うのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

for********さん

2019/7/1006:55:07

寛永通宝は研究家によって、千種類以上に分類され、書体は様々です。
画像の品は、確かに永字の末尾が跳ねるという特徴がありますが、適当に作られたわけではありません。
この品は、元文年間に秋田で製造されたものとされています。立派な書体です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる