ここから本文です

生後3ヶ月の息子です。 肌が弱く、1ヵ月検診の時に乳児湿疹が強く出ているからと...

oey********さん

2019/7/1211:05:22

生後3ヶ月の息子です。
肌が弱く、1ヵ月検診の時に乳児湿疹が強く出ているからとキンダベート軟膏とフエナゾール軟膏を混ぜて塗るようにと処方してもらいました。
塗ってるときは赤みや発疹がなくなり、症状が落ち着い

ていたのですが、先日別の件で小児科を受診した際に、「フエナゾール軟膏は使用をやめた方がいい」と言われました。

指示通りに使用をやめた途端、乳児湿疹がぶり返し、顔を痒そうに擦ったり全体に赤みが増しました。

フエナゾール軟膏を合わせて塗ると、直ぐに症状が治まりました。

フエナゾール軟膏を推進しない理由はなんでしょう?説明して頂いたのに、あまりよく理解出来ていませんでした……。できれば症状が落ち着くのでこのまま使用したいと思うのですが、使い続けるとなにか副作用があるのでしょうか?

閲覧数:
83
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

2019/7/1211:10:00

おもな副作用↓
発赤→皮膚や粘膜の炎症に際して現れる症状で、充血のためにその部分が赤色に見える状態。 毛細血管の拡張による
そう痒→皮膚に発疹や湿疹がないのに、かゆみが出るものです。 全身がかゆくなる場合と、陰部や肛門など限られた部位のみにかゆみが現れる場合がある
丘疹→にきび
過敏症、接触皮膚炎、皮膚刺激感、皮膚灼熱感、皮膚乾燥、腫脹、潮紅、皮膚糜爛

とかです

  • lov********さん

    2019/7/1211:12:19

    過敏症→アレルギー
    接触皮膚炎→刺激物またはアレルゲンによって引き起こされる皮膚の急性炎症。 主な症状はそう痒。 皮膚の変化は紅斑から水疱や潰瘍まで様々で,手または手の近くに生じることが多いが,原因物質に曝露した皮膚表面ならばどこにでも生じる
    皮膚刺激感→アトピー性皮膚炎
    皮膚灼熱感→アトピー性皮膚炎

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/7/12 14:42:54

なるほど!とっても分かりやすいです。
長期間の使用は避けた方が良さそうですね。
様子を見て使用しながら、症状が良くならなければ皮膚科なども通院してみようと思います。丁寧に回答して下さり、ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tak********さん

2019/7/1211:17:31

小児科より皮膚科の方がいいと思います。

私の子供も皮膚のことで小児科に行ってましたが薬やめるとまた症状が出たので皮膚科に行くとアトピーでした…薬も全然違う物貰いました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる