ここから本文です

Aは、ある不動産の強制競売において買受人となり、代金を納付した。該不動産に占...

アバター

ID非公開さん

2019/7/1310:09:11

Aは、ある不動産の強制競売において買受人となり、代金を納付した。該不動産に占有者がいるため不動産明渡命令の申立てをして、明渡命令が発令された。その時、この明渡命令に基づく執行保全のためにすることが考え

られうる保全方法として不適切なもの、一つどれですか?

①占有移転禁止の仮処分
②売却のための保全処分
③買受人のための保全処分

閲覧数:
19
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kit********さん

2019/7/1721:41:57



代金納付で所有権移転しているので、売却は意味が無いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる