ここから本文です

現金がまとまって300万円近くあります。

アバター

ID非公開さん

2019/7/1312:23:51

現金がまとまって300万円近くあります。

30歳です。
お金には余裕があるので(他にも貯蓄がある)、このお金を資産運用にまわしたいと考えています。
下の2パターンで行こうと決めました。

やめておいたほうが良いと言った意見も賛否両論であると思いますが、そこには触れず回答して頂けると嬉しいです。

他にもいろいろ投資先はありますが、既に他の投資先にまわしていたり、他にも本当に理由が色々あり、この2パターンが残りました。

300万円はどうなってもいい、というわけでは無いですが、どうせ浮いているお金なので、ということです。


1、優待商品が届く株をそれぞれ買って、30年以上くらい優待商品をもらい続ける(株価が上がっても下がっても決して売らない。倒産しかけたりすと、もちろん別の話になりますが)

2、確定拠出年金用の口座を作って、そこの口座にお金を入れて、積立する(既に積み立てNISAをやっています)。※月23000円が上限ですので、300万円は約10年で積み立て終わるので、いずれはお金を足していくことになるか、お金を足していくことはやめるか。税制の優遇を考えると、得だからと言う理由もあります。

1、2、どちらがよいでしょう。

閲覧数:
176
回答数:
11
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

maz********さん

2019/7/1320:51:39

>300万円はどうなってもいい、というわけでは無いですが

っていうなら、どう考えても2の一択でしょ

ここ10年以内に投資をやりはじめた「にわか」以外なら
1のリスクは当然にわかってるから
その台詞をいったら2しか勧めないよ

下手な期間に1をやれば
300万が100万以下まで目減りして
かつ、半分ぐらいの銘柄が優待廃止で配当もなしに塩漬け状態
なんてことが普通にあった

例えば優待銘柄として知名度の高めのJALだって
一度多くの投資家を地獄に追いやってる

普通に民事再生法→「責任とったの株主だけじゃね」ってなったの知ってるよね?

1銘柄に集中しないだろうけど極端なはなし

航空系は換金性が高いから金券屋に優待は売れるしと
2000年頃にJALを1万株購入(2000年の株価は230円~543円だから300円で1万株300万円分購入できるタイミングもあっただろう)

で、優待貰えてるし、30年ぐらい放置だ・・って放置してたら
10年後の
2010年に民事再生法申請・・・はい株価1円
たしか1円なら売買成立してた気もするから
一応300万が1万円に(売却さえできないへばりつきだと1万円も回収できない銘柄は普通にある)当然以降は優待も貰えません・・・100%減資だったしね
表現的にいえば紙切れってやつだ
※念のために言っとくけど、再生再上場してるけど、当然当時の株主には1円だって見返りはないからね、当時の株は100%減資で紙くずになってるから

さて極論こんなのも想定したら1はないでしょ・・

※ここ10年の市場はホールドしてればなんとかなる相場だから
緩い意見が散見されるようになってるし、その影響で1を言ってるんだけど例に出したような時代も、普通に直近10年以前には山ほどころがってた

でもね
30歳でしょ?ほかにも資産あるっていってるし
多分、今回の相談した資産以外で「なくなってもいい資産(リスクがっつりとれる資産)も別途300万程度ならあるでしょ?」

30歳でその程度ないなら1はもっと勉強してからやりましょう
あるなら、いい経験です、がっつり1も試しましょう
そうすれば、一桁上の金額でももっとリスクをとった運用ができるようになるよ

がんばってみ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pow********さん

2019/7/1913:31:53

1なら300万を使えばよいだけ、無意味です。

どちらかといえば2ですが、リスクをとって運用するなら株主優待は無視して株価で勝負する株式を購入するべきでは?

chi********さん

2019/7/1409:47:12

2はやめた方がいいです。
一見節税効果もあり合理的な選択に見えますがそのお金を出金できるのが30年後で何があるか予測できず、結婚や急な病気などでお金が必要な時の柔軟性がないです。
個人的にはまだ若いのですし、リスクをとって勉強しつつ優待に拘らず個別株投資した方が投資スキルが身につくでしょう。
あまり、勉強したくないのでしたらアメリカか世界投資のインデックスファンドを買って世界経済の成長の恩恵を受ければ良いかと。
日本投資は少子高齢化で今後も老人達の社会保障が若者の背中にズシリととのしかかりハードモードかもしれません。

gzt********さん

2019/7/1315:08:40

2です!

株主優待はそもそも株の魅力を上げるために企業がやっていることです。
設備投資を積極的にして事業規模を拡大しているような企業ではあまりみかけません。つまり頭打ち感の強い企業とも言えるのではないでしょうか。
30年もつか不安です。

ibm********さん

2019/7/1313:55:33

自分も②ですよ。

fel********さん

2019/7/1313:45:26

メットライフのドル立ていいですよ。調べてみては

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる