ここから本文です

キリスト教の教義では、人は動物界の上に君臨し、如何用に扱っても良いとあるそう...

inr********さん

2019/7/1407:57:24

キリスト教の教義では、人は動物界の上に君臨し、如何用に扱っても良いとあるそうです

だから殺して食べても良心の呵責は一切無いんですよね

仔羊やうさぎを生贄にしても

犬猫殺しても、熊ライオン鹿をハンティングしても問題ないんですよね?

閲覧数:
38
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Apolloさん

2019/7/1408:42:39

言い方に問題有りますが、言ってる事は粗方合ってます。
しかし、殺生与奪の権利が与えられてるのてわはなく、適切な管理を任されてるとの理解です。
生きる為に、獣を殺して食する事は問題有りません。しかし、娯楽等の為に殺すのは如何でしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/7/20 20:09:06

気に入らないが、理路整然とエビデンスも挙げているので

ただ、精査する時間がなかったので、一応、BA

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

edu********さん

2019/7/1415:25:56

そんな教義ないよ。
まあ天地創造にそう書いているように見えないこともないけど人>動物というのは本質が違う。
聖書はキリスト教の正典、つまりある種の宗教書なんだから動物に対する愛護精神も虐待精神もない。動物はただの動物に過ぎない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

O.Mさん

編集あり2019/7/1414:53:12

聖書には神が◯◯を◯◯に与えたとあるが、神は万物の造り主であり、所有者であり、当然人間も神の所有物です。ですから、神が私達に与えたものも結局は神の所有物であるのです。神が許したので、動物を殺して食べても良心を感じる必要はありませんが、神の所有物であるが故に面白半分に殺すのは罪でしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる