ここから本文です

なぜ、 ジョッキに入れられたビール→生ビール 瓶に入ったビール→瓶ビール と呼...

but********さん

2019/7/1423:49:27

なぜ、
ジョッキに入れられたビール→生ビール
瓶に入ったビール→瓶ビール
と呼ぶのですか?
どちらも中身は同じですよね?
「ジョッキビール」だと語感が悪いからですか?

閲覧数:
37
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gon********さん

2019/7/1911:52:09

昔は瓶ビールは生じゃないのが普通だったからだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tow********さん

2019/7/1505:44:20

国内で大手が販売されていた瓶ビールや缶ビールは加熱処理で酵母を殺していたのに対し、樽でお店に提供される物はそうでなかった時代があったことのなごりです。
おっしゃるとおり、生の代わりに「樽出し」とかだと語感が悪いのもあるのでしょう。

ただ、酵母も取り除かない非加熱処理のビールを、広範囲にきちんと安定した品質で提供するには、
冷蔵輸送などが整っていないと難しいので、それより昔だと樽も加熱処理されていたものか、例外的に工場の近くで加熱されないものが提供されていたのではないかと思います。
(古い資料に結構広い範囲で加熱処理されていないビールを提供するという広告があるとか)

ちなみに、現在は大手の出している製品であれば瓶や缶もほとんどが熱処理されてはいません。30年以上前にフィルターによる酵母除去という技術が普及したからです。
味が変わるのを嫌がったキリンラガーはそれでもしばらく加熱処理されたものでしたが、それも2001年には通常の製品は非加熱処理、加熱処理されたのはクラシックになったので、もう20年近く前のことですね。
それでも、今でも自信満々で間違った回答をする回答者さんがいるくらいには誤解してる人が多いです。

あと、瓶にせよ缶にせよ詰めるタイミングは樽と変わらないので、酸化うんぬんは工場からの配送、お店の管理しだいですね。あまりビールが出ないお店だと樽出しの方が味が変わってるかも。

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

2019/7/1505:17:14

通常ジョッキに入れて出されるのは工場から問屋に直送された樽生ビール
同じ中身でも詰め替え時に空気に触れる頻度が高い瓶缶製品のビールよりも新鮮で酸化が進んでいないビールです('_'?)
実際に飲んだ時の味わいがはっきりと違いますよ?(^_^)

kum********さん

2019/7/1500:04:24

瓶や缶は長期保存する事を考慮し、サーバーに入れるビールより多めに炭酸を注入して封をするそうです

yok********さん

2019/7/1500:01:54

はい。

生ビールは【熱処理】されていない【ビアサーバー】から注がれたビールだから、熱処理された【瓶ビール】と区別して、そう呼ばれています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

cry********さん

2019/7/1423:57:50

アサヒの瓶ビールに

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%...


生の字がみえますか?


実は瓶ビールも生ビールなのです。


居酒屋で

両方置いている場合

ややこしいので

生ビール中ジョッキを

生中と呼び

瓶ビールはそのまま瓶ビールと呼んでいるだけです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる