ここから本文です

相手が100パーセント悪い、追突事故を受けました。相手が会社でしたのでこちら...

oef********さん

2019/7/1711:14:41

相手が100パーセント悪い、追突事故を受けました。相手が会社でしたのでこちらも弁護士を頼みました。むち打ちの治療に通っていましたが治療を4ヶ月で打ち切られ、いま金額の交渉中です。実

通院日数は75日でした。わたしは0歳と2歳を育てている、家事従事者です。最初、三井住友からの休業損害の提示は、5700円X75日(100%)=427500 で 慰謝料は532000円を提示されました。その後、弁護士が弁護士基準で、休業損害を10308x75日=77310 慰謝料を67万+{(79万-67万)÷30日x17日}=738000 で請求してくれました。保険会社返事が、休業損害43日は100%の10308円 32日は50%の5154円 計算すると608172円 慰謝料は632000円 と返事がきました。弁護士はこの金額でいいですか?としかおしえてくれません。わたしがわからないのは、休業損害で最初は自分から75日100%と提示してきていたのに、弁護士基準で請求したら32日分は50%にされたのかがわかりません。こちらは、事故当時3ヶ月の赤ちゃんと2歳前の子供を連れて通院できるわけもなく、病院の日は実家まで連れて行き預け、治療後お迎えを75日間続けてきました。子供も一緒に乗っていて救急車で搬送されましたが、口が切れて腫れて出血したのと、顔にDVDプレーヤーがあたって黒アザになったけれど、通院するような怪我ではないと、2回病院に行ったきりなので3万円の提示でした。3ヶ月の子供は外傷なしだったので1万円の提示。普通がわからないので、この最終の回答が正しいのでしょうか?それともまだ交渉する余地があるのでしょうか?お分かりの方がおみえでしたら教えてください。弁護士さんがもっと頼れる方だったらよかったのですが、めんどくさいのか、金額もこちらから書面で教えてとお願いしないと、電話の口頭でさっと言うだけでしたし、もういいですよね?しか言ってくれないのです。どうかわかる方がおみえでしたら教えてください

閲覧数:
151
回答数:
7
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dou********さん

2019/7/1717:21:43

まず休業損害の計算ですが、事故直後は痛みなどによりまともに家事はできなくとも、何日か経過することによって幾分かは痛みも治癒し家事もある程度でき始めるだろうという考え方から算出されたものです。
もちろん個人差もありますのでこれが妥当なものかはわかりませんが、一般的によく使われる計算方法です。

因みに最初に提示されている5700円×75日というのは自賠責保険の休業補償の最低基準でありこれ以上低い提示はできない決まりがあるからです。

今後交渉の余地があるのかどうかはなんともいえませんが、少なくとも交渉を続けることによって逆に悪い方向へすすむこともありえます。
これ以上の増額交渉をするのであれば相手も態度を硬化し弁護士を入れてくるかもしれません。そうなると弁護士同士の交渉になります。相手の弁護士は少しでも補償額を少なく押さえようとしますので、弁護士の手腕次第では逆に減額される可能性もあります。
もちろん弁護士を解任し別の弁護士を立てることも可能ですが、別の弁護士が今の弁護士より能力が高いとも限りません。また別の弁護士を頼めば更に示談までの時間はかかることになるでしょう。

どうするかはあなた次第ですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

owa********さん

2019/7/1715:46:22

日弁連交通事故相談センターなら10分無料で相談できるよ。

https://n-tacc.or.jp/qa


Q60に慰謝料の相談もできるから、要点をまとめて相談するといいかも

yyc********さん

2019/7/1712:19:12

交渉よ余地はある可能性はありますが必ずしもプラスになるとは限りませんよ。相手保険にしてもだったらとことん争いましょうと態度を硬化させる可能性もありますし結果今よりも悪条件になるという可能性もあります。

例えば休業損害にしても言ってみれば怪我の状態で家事が困難な場合です。仕事にしても怪我しても仕事に出てれば休業補償はありませんからね。

実際怪我したとしても時間が経てば怪我は回復していくものです。今回にしても前半の半分は怪我で困難でも後半は家事くらいできるくらい怪我も回復してたのではないかということだと思いますよ。

aj1********さん

2019/7/1712:00:12

>休業損害で最初は自分から75日100%と提示してきていたのに、弁護士基準で請求したら32日分は50%にされたのかがわかりません。
→「最初は自分から75日100%と提示」したのは自賠責保険の休業損害計算が5700✖実通院日数と決まっていてそれより低くできないから。
日額10308円は家事が一切できない場合の金額なので、事故直後の43日は100%認定するけれど後半の32日は50%は家事ができると判断されたもの。実通院日数すべて認められただけでも弁護士はよく頑張ったと言えると思います。

「病院の日は実家まで連れて行き預け、治療後お迎えを75日間続けてきました。」とあります。このことは、事故当初から(主婦の仕事の一部である)子供の世話はある程度できていたと反論されれば認めざるを得ないので、妥当な休業損害認定だと思います。

>それともまだ交渉する余地があるのでしょうか?
→休業損害以外の認定経過は診断書等資料を見ないと妥当かどうかの判断はできません。

>弁護士さんがもっと頼れる方だったらよかったのですが、めんどくさいのか、金額もこちらから書面で教えてとお願いしないと、電話の口頭でさっと言うだけでしたし
→依頼人からアポを取って面談に出向いてきちんと話を聞かなければ、忙しい弁護士の対応はこんな感じが普通です。

自分で弁護士に丸投げしておいて、交渉の前面で頑張った弁護士の話を信頼しないで、どんな人の回答かわからないコメントを求めることについて、質問者様はおかしいと思わないのでしょうか?

bar********さん

2019/7/1711:40:37

一つ気になるけど、どうやってDVDプレーヤーが顔に当たるんですかね?

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kor********さん

2019/7/1711:38:37

慰謝料慰謝料って、お前どんだけ金にトチ狂ってんだよ。

お前みたいなお金大好き人間って、
ほんと醜い。

マジで引くわー

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる