ここから本文です

ロシアはドローン兵器を開発してるけど 日本は何か対策しなくていいの?

アバター

ID非公開さん

2019/7/1723:14:55

ロシアはドローン兵器を開発してるけど
日本は何か対策しなくていいの?

AI,IT技術を利用した新兵器の開発。


ロシアはいつも戦争準備してるよ。


ロシアが開発中のドローン爆弾と「戦争のIoT化」の流れ
7/13(土) 13:00配信


今年5月に筆者は、イランが支援するテロ組織のイスラム聖戦機構が、IEDと呼ばれる手製爆弾を搭載した小型ドローンで、ガザ地区のイスラエルの戦車部隊を攻撃する動画について報告した。


ドローンを用いたテロ活動は世界中の当局にとって、警戒すべき対象となっている。そして今、ロシア軍が同様な手法で小型ドローンを攻撃に用いようとしていることが明るみに出た。ロシア軍のスポークスマンは現地メディアの「Izvestiya」(イズベスチヤ)に、ドローンに致死性のある爆薬を搭載する計画を語った。


小型ドローンは既に監視や偵察分野では広く活用されているが、ロシアはこれを一歩進め、標的の爆撃にドローンを用いようとしている。ロシア軍の広報担当は、ドローン専用の小型爆弾の開発も進めていると述べた。


初期の段階でドローンに搭載する爆弾は1キログラム以下のものになるという。しかし、それらは十分な致死力を持つ手榴弾やIEDだ。さらに、その先には最大20キログラムの爆弾の搭載も視野に入れているという。


これらの爆弾が標的とするのは、地上や海上の基地及び、車両や戦略拠点、さらには兵士たちになる。Izvestiaの記事は、中東のイラクやシリアの武装集団が開発中の爆弾を搭載したドローンの動画へのリンクを含んでいた。


この動きから見えてくるのは、小型で低コストのドローンの軍事利用の広まりだ。ロシア軍はかつて、テロ集団からドローンを用いた攻撃を受けており、これに反撃したい狙いが伺える。


大量のドローンに爆弾を搭載するオペレーションでは、一部のドローンが警戒区域を突破するだけで、敵に被害を与えられる。たった1つの爆弾が着弾するだけで、コスト的には採算が合うことになる。


この流れは「戦争のIoT化」という文脈でも語られている。無人機を用いた攻撃は拡大が続いており、効果的な戦闘手段とみなされている。


これまで数億ドルを費やして開発が進められた攻撃が、わずかな費用で実現可能な時代がやってきたのだ。

Zak Doffman

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190713-00028403-forbes-in...

閲覧数:
44
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

an_********さん

2019/7/2015:00:30

米海軍の強襲揚陸艦「ボクサー」が無人機を撃墜していますけど、火器ではなく、妨害装置による撃墜のようですね。近代的な装備を持っている軍隊の場合、ドローンは妨害装置で撃墜もしくは操縦を妨害されたりし易く、攻撃にはあまり有効な手段ではありません。

パトリオットミサイル(PAC-2?PAC-3?)でドローンを撃墜する費用効果無視の事までやる場合もあります。

レーザー砲は1発の費用効果が安いのでドローンを撃墜するのに向いています。

米海軍の強襲揚陸艦「ボクサー」が無人機を撃墜していますけど、火器ではなく、妨害装置による撃墜のようですね。近代的な...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zer********さん

2019/7/1909:13:35

自衛隊は保守的だからね
先進性の高い兵器は多国で実績がないと採用しない
現代では予算も厳しいし、予算が豊富なバブル期とかでも開発より実戦配備兵器に予算をかける傾向にある。でも一方で政府は内需の足しにしたいとかで輸入より割高になっても国内メーカーに製造を担当させる傾向が強いので、他国より高い兵器を国産するからなおさら開発費が圧迫される

「無人機開発しようぜ!」て言っても「空母化したい!」とか「戦闘機増備したい!」とか「既存機改造したい!」とかいろんな要求が出てきて、実績の少ないものは後回しになってしまう

まぁ、日本の場合海に囲まれているので、備えはテロゲリラよりも同等以上の軍備を持つ大国相手の軍備が優先されるから、そういう戦場ではあまり現代の無人機では活躍できないってのもある。他国が使うのも無人機を撃墜するような能力の乏しい弱小な相手にとっては低コストで戦えるからであって、まともな軍備のある相手に無人機を投入しても効果が期待できない

m_0********さん

2019/7/1822:22:44

近代的な軍隊相手にドローンてのはあまり有効な兵器じゃないんですよ。

①妨害装置で妨害ができる
https://www.youtube.com/watch?v=zX4XXLb_Vuw

②既存の対空火器で対抗できる

③最近は1発の経費が安いレーザー砲も開発されている
https://gigazine.net/news/20180720-raytheon-laser-weapon/
レーザー砲は日本も開発をしていましてね。

ドローンは最近、陸自の部隊がスキャンイーグルの運用を始めましたね。
国産のドローンを運用している部隊もあります。
標的機としてドローンは陸自、海自、空自は昔から使っています。
海自は機雷処理は無人探査機使っています。最近は自爆して機雷ごと爆破する自動式機雷処分用弾薬が実用化されています。

空自は以前、退役したF-104Jを無人標的機に改造して空対空ミサイルの的にしていた事がありますね。

で共同運用でRQ-4グローバルホークを導入するし。

近代的な軍隊相手にドローンてのはあまり有効な兵器じゃないんですよ。

①妨害装置で妨害ができる...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

729さん

2019/7/1813:39:31

・遠隔操縦観測システム
・新無人偵察機システム
・無人機研究システム(多用途小型無人機(TACOM))
・携帯型飛行体
・長期運用型UUVシステム
・無人地雷除去ロボット
日本も結構色々研究・開発してますよ。
ただ、専守防衛・島国という環境条件から、掃海艇や戦闘工兵の補助・代替用、偵察・哨戒用の物が多いですが。

ぐー吉さん

2019/7/1723:32:07

どろんじょ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる