ここから本文です

アカギ 浦部との闘いでラス前の3倍満 北まち 浦部が2回もカンするのは無理がありま...

jfp********さん

2019/7/1810:49:14

アカギ 浦部との闘いでラス前の3倍満 北まち 浦部が2回もカンするのは無理がありませんか? 神がかっておりますが、あの2回のカンも仕込んでますか?

閲覧数:
100
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ともへいさん

2019/7/1813:30:59

5と8が4枚になったのも、浦部が全く安全牌を引けなかったのも、アカギのイカサマではありません。アカギの浦部に対する情報操作やイメージ付けによる不安感や、牌の流れと、アカギの持つ神がかり的な感性と磁力によるものです。

  • 質問者

    jfp********さん

    2019/7/1813:38:21

    まじすか(゚Д゚≡゚Д゚)゙? あのままじっとしてれば浦部は勝てましたよね? 最後の2ピンの読みは凄いです、ほんと。でもあの場面でプロならカンはしないでしょ。。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pzo********さん

2019/7/1814:45:15

仕込みではありません。完全に運任せです。

手配に相手の安牌がなく、嶺上牌には絶対に待ちにするはずがない最後の北があることが分かっている。その上で2種類の牌が4枚ずつあってカンが出来、カンすればその嶺上牌をつもってこれる状態、おまけに相手のラスヅモも潰せる。
万に一つも負けが許されない極限の状態で、ここまで確実ならほぼ間違いなくカンはするでしょう。
が、南3局の開始前に嶺上牌の北が偶然間違って開かれ、最後の巡目で浦部がそういう状況になるということがあり得ない確率であり、常人ならそれを見越した罠など張らない、張ることなど出来ない。
だからこそ浦部は無防備にその罠に嵌ってしまったわけですが、それが出来たのはアカギの持つ神がかった天運と自分を信じる才能もさることながら、アカギが生来持っている、心のどこかで破滅を望む「死にたがり」の性格のなせる業です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cho********さん

2019/7/1814:04:44

・あの局はかなり偏ったトイツ場であり、アカギの手牌にカン材が入ったように、浦部の手牌にもカン材が入るであろうということ。

・開始時に間違えてめくられたドラ表示牌により、リンシャン牌の3つ目の「北」が全員に見えていたこと。

・2回カンを入れる事でアカギのツモ順が1回減ること。

・アカギがリーチをした時点で北が河に2枚捨てられており、北待ちは「王牌死に」が確定していたこと。



以上の事から、「常識で考えれば」アカギが北待ちを選択する訳が無く、何回カンしようともリンシャン牌から掘り起こされた「北」は絶対に安牌のはずでした。
トイツ場であろうと読む事や北待ちにすること自体は常人ではできますが、常人だと確率の問題でまずアガれない待ち判断してやらない事ですし、億分の一の確率で起こる事があってもそれに賭ける事ができないので実現しません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる