ここから本文です

シャンソン「枯葉」の一節で、つぎのような文があります。

ryu********さん

2019/7/2007:55:30

シャンソン「枯葉」の一節で、つぎのような文があります。

et la mer efface sur le sable、les pas des amants desunis.

ここで sur le sable というフレーズの位置ですが、通常の文であれば les pas des amants desunis の後においた方が自然な気がするのですが、いかがでしょうか?もちろん詩では語順が入れ替わることがしばしばあることは承知してのことです。私が作文するとしたら、
et la mer efface les pas des amants desunis qui sont sur le sable.
とでもすると思うのですが間違いですか?

閲覧数:
13
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lab********さん

2019/7/2015:46:56

間違いではありませんが、”自然な”語順とも言えません。あなたの文で文末に置かれたsur le sableは、あなたが関係詞節によって強調されているように、les pasを修飾しています。これも文法的に間違いではありません。しかし、このsur le sableは状況語として理解するのも可能です。つまり、動詞に係るのです(あるいは文全体に係ると言ってもいいかも知れません)。つまり、”砂の上で”海が行っていることを述べているのです。私にはこの後者の解釈の方がすんなりといきます。その証拠にこのsur le sableは文頭に置くことができます。sur le sable, la mer efface les pas des amants désunis. 自然な文章です。(もちろん、文末に置くこともできます:la mer efface les pas des amants désunis sur le sable.)
これが第一点に指摘したいことです。
第二点はフランス語の状況語の語順についてです。
それではあなたの文末に置いた文とPrévertの文との違いはどこにあるのでしょうか?フランス語の状況語の語順の問題です。例を挙げます。
A 8 heures, il est allé à l'école. Il est allé à l'école à huit heures. huit heuresの語順が違っています。従来の文法の分析ではhuit heuresは時を示す状況語です。普通前置詞を伴いますので、状況語の語順は、主語などと違い、かなり自由です。それぞれこの1文だけを見た場合、同じ文と言わざるを得ません。しかし、この前に他の文、ここでは質問文にしますが、A quelle heures il est allé à l'école?があった場合、文法的に正しいのはIl est allé à l'école à huit heures.だけであり、A 8 heures, il est allé à l'école.は誤りです。”文法的に”誤りなのです。
従来の文法が扱う最大の単位は文でした。文を文ならしめているところのものを(たとえば、主語、目的語、等々)”文文法”と呼べば、今、2つ以上からなる文の集まりをテキストと呼ぶと、文に文文法があったように、テキストレベルにも、テキストをテキストたらしめる文法あるはずです。それをテキスト文法と呼んでおきます。先ほどの質問/答えも2つの文から成り立っていますから、テキストを構成します。A quelle heure il est allé à l'école? Il est allé à l'école à 8 heures.
上記の2つの文は1つのテキストを構成します。それに対し、A quelle heure il est allé à l'école? A 8 heures, il est allé à l'école.はテキストを構成しません。文のレベルで正しかったA 8 heures, il est allé à l'école.はこの場合テキスト文法では誤りだからです。テキストは(話が長くなるので、少々単純化して説明します)お互いに知った情報からそれについて相手の知らない情報へと進んでいきます。統一した呼び名はありませんが、お互いに知った情報にはthèmeやsupport、相手の知らない情報は rhèmeやapport と呼ばれるときがあります。テキスト上の文は当然ながらsupport+apportの語順です(知っているものから知らないもの、より重要な情報へ)。以下のテキストでは答えを構成する2番目の文に注意してもらいたいのですが(A quelle heure il est allé à l'école?) A 8 heures, il est allé à l'école.は誤りです。最初の質問で話者と聴き手の了解事項(support)は彼が学校に行った事実です。それがいつ起こったのかを聞いているのです:Il est allé à l'école(support) à huit heures(apport). もし、A 8 heures, il est allé à l'école.がテキスト上正しいとしたら、8時に彼は何をしたのか?(あるいは8時に何が起こったのか)という情報がすでになければなりません。その時初めて、A 8 heures, il est allé à l'école.はテキスト上正しい文になります。このテキスト文法の考えは受動態/能動態の選択などの多くの言語現象ににもかかわってきますが、まだ発展途上の最中です。
さてご質問の件です。qui sont sur le sable.が文末に置かれています。この場合、Prévertの言いたかったことは、”海が恋人達の足跡を消し去ってはいる”、私はそれを知っているが、それはどこにつけた足跡なのか”ということになります(ほかの可能性もありますが、説明が長くなるので省略)。Prévertの文ですと、supportはla mer efface sur le sable、apportはles pas des amants desunisとなります:海が砂の上で消し去っているのは、ほかでもない恋人達の足跡なのだ”。この方がよりしっくりと来るのではありませんか(あれほど愛し合った恋人達の残したものも人生は消し去ってしまうのだ)?
もっと丁寧にテキスト文法の説明をすべきでしたが、このような掲示板では難しいですし、テキスト文法もまだまだ確立されていません。おおよそのことが分かっていただければ幸いです。なお、最初の回答者さんの韻を踏む等は確かにあるのでしょうが、語順決定の後に韻を踏む単語を選べばいいので、付随的なものと考えます。

  • 質問者

    ryu********さん

    2019/7/2016:09:03

    大変参考になりました。ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

錦城尚也さん

2019/7/2010:58:40

通常の文であればそれが自然。

詩の場合、韻を踏むことがある程度重視される。

` C’est une chanson, qui nous ressemble 〇
` Toi tu m’aimais, et je t’aimais ◎
` Et nous vivions, tous deux ensemble 〇
` Toi qui m’aimait, moi qui t’aimais ◎
` Mais la vie sépare ceux qui s’aiment
` Tout doucement sans faire de bruit ☆
` Et la mer efface sur le sable
` Le pas des amants désunis ☆

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる