ここから本文です

仏教の創始者はゴータマ・シッダールタですが、彼は、彼の部族名の釈迦や『目覚め...

ハリス直さん

2019/7/2304:14:37

仏教の創始者はゴータマ・シッダールタですが、彼は、彼の部族名の釈迦や『目覚めたもの』を意味する仏陀で呼ばれることがある。なぜ彼は本名で呼ばれず、部族名や称号で呼ばれることが多いのですか?

閲覧数:
96
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2019/7/2310:04:02

仏教の聖典であるパーリ仏典では、かならずしも部族名や尊称で呼ばれているわけではありません。
ブッダの弟子たちは、10種類ある尊称のひとつである「世尊」(bhagavāt)と呼ぶのが普通ですが、弟子ではない一般人や異教徒は姓の「ゴータマ」に、宗教家一般の尊称である「尊者」(bho)をつけて「尊者ゴータマ」と呼ぶのが普通です。

「シャカ(sakya)族出身の聖者」を意味する「釈迦牟尼」(sakyamuni)という尊称もパーリ仏典の時代からありますが、これが短縮されて部族名そのものである「釈迦」でブッダを呼ぶようになったのは後代の慣習です。

地位のある人物、偉大な業績のある人物を名前では呼ばず、称号で呼ぶのは世界中で一般的に見られる慣習ではないでしょうか。
たとえば、世界中どこでも君主には君主号と呼ばれるものがあり、本名よりこちらで呼称されるほうが普通です。
名前を呼ぶという行為には、どこか親しげというか、相手を対等に見ているというニュアンスがあり、目上の人物に対して礼を失する行為とされるのは仏教に限った話ではないように感じます。
現代日本の企業でさえ、社長は「社長」と呼んで、○○さん、とは呼ばないのではないでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/7/2810:33:48

インドの習わしがあるみたいですよ。

◯同じ時代、ジャイナ教にマハーヴィーラ(偉大な勇者)がいます。以前の名前ヴァルダマーナ(栄える者)は使われません。

マハーヴィーラは、尊敬を込めた呼び方です。

他宗教の人からは、ニガンタ・ナータプッタ(ニガンタ派・ナータ族の子)と呼ばれました。

◯仏教の開祖は、ご本人が覚ったあとに、ゴータマ・ブッダを名乗られました。

尊称では、シャカムニ(釈迦牟尼:釈迦族出身の聖者)です。厳密には仏教徒からは、釈迦牟尼仏、釈迦牟尼世尊(釈尊)が正しいとされています。

仏典を見ますと、ブッダと呼ばれたり、とくに「ゴータマ」の姓で呼ばれることが多く見受けられます。

本名が使われなくなるのはインドの慣習みたいですね。

本名は人間の時の呼び名ですから、
悟りを得て『目覚めたもの』に成った後も同じ呼ばれ方では不都合でしょう。
阿弥陀如来も成仏する前の修業時代は宝蔵菩薩と呼ばれてました。

本名は人間の時の呼び名ですから、
悟りを得て『目覚めたもの』に成った後も同じ呼ばれ方では不都合でしょう。...

dam********さん

2019/7/2809:35:57

釈尊の弟子であり従兄弟でもあるアーナンダという人がいますが、この人の別名はゴータマです。さらに、釈尊の養母であるマハー・プラジャーパティーという人も、別名をゴータミーというゴータマの女性形の名前であったため、ゴータマというのはありふれた名前すぎて、あまり尊者の名称としてふさわしくなかったのかもしれません。

ブッダがブッダになって間もない頃「あなたは神ですか、梵天ですか、悪魔ですか、人間ですか、云々」と質問した人があった時、すべてを否定され、「私はブッダです。私をブッダと憶えておきなさい」と言われているからではないでしょうか。

あるいは大悟した時のことを話しているいろんな機会に「その時私は阿羅漢サンマーサンブッダになりました」と言われているので、ブッダは略称で、正式には「阿羅漢サンマーサンブッダ」と呼びます。

当時の社会では称号で呼ぶのが普通で、名前はあまり重要でなく、身分の高い人は「何々家の息子、娘」と呼び、妻が何人もいれば、妻の名で「何女の、息子、娘」と呼び、身分の低い人は、仲間内で呼び合う愛称程度で、まともな名前もなかったのではないでしょうか。


一方(ゴータマ)ブッダを釈迦と呼ぶのは、日本だけではないかと思います。台湾人、韓国人、中国人に聞いてみたことがありますが、「仏教の教祖は」「と質問すると、誰もが「仏陀」と答え、「釈迦という名を知っていますか」と聞くと、誰も聞いたことがないと答えました。これはもっと広く検証する機会が欲しい問題です。

日本で最初に「釈尊」という言葉が現れたのは空海で、「三教指帰」の中で「我が師釈尊」と使われているそうです。空海が求めたものはブッダの仏教ではなかったので、自分の宗教の教祖を「仏陀」と呼びたくなかったので、「釈尊」という名を考えたのではないかと推測します。

2019/7/2313:54:41

>部族名や称号で呼ばれることが多いのですか?
簡単に略しているのでしょう

シャキ族又はシャカ族の族を取って、シャキ又シャカと言うのでしょう

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる