ここから本文です

豊田穣は偉くて立派な海軍軍人でしたか

bpu********さん

2019/7/2519:57:34

豊田穣は偉くて立派な海軍軍人でしたか

閲覧数:
52
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2019/7/2606:44:28

「軍人」としてはまったく分かりません。海軍兵学校出身の豊田氏は開戦時は艦爆乗りの若い少尉。戦争が始まって一年もしないうちに乗機を撃墜され、戦争が終わるまでの三年間をアメリカの捕虜収容所で過ごしましたから。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

top********さん

2019/7/2816:02:16

1940年海軍兵学校卒業、1943年4月搭乗機(艦爆)が撃墜され米軍の捕虜になり終戦後帰国したので海軍軍人としての活躍の場は非常に限られたものと言うべきでしょう。功績として伝えられているエピソード(偉くて立派)はほとんどないのでは。
作家として軍記物を数多く執筆しており、そちらの活躍の方が有名です。昭和50年代によく読みました。

bro********さん

2019/7/2612:45:38

軍務に従事していたより捕虜の期間の方が長いので 海軍を中で見るより、外部から捕虜仲間の情報やアメリカ海軍から聞いた情報などで、
日本海軍を見ていたのではと思います。
その為、日本海軍の作戦や軍政、海軍の歴史に対する関心の深さがあったと思います。
海兵出の純粋な軍人と言うよりは 自ら部下を説得して捕虜になっているので、
捕虜になってはならないと言う日本海軍のやり方に疑問を持っていた事を感じます。

ara********さん

編集あり2019/7/2611:57:47

この人ね、太平洋戦争中にアメリカ海軍の航空母艦の艦内を詳細に見学した唯一の日本の軍人です。

捕虜収容所でひょんな事から「航空母艦を見学させてくれたら○○してやるよ」と、とても叶えられそうにない事を言って収容所側のある依頼を断ろうとしたら、案に相違して上から了解されたとか。
アメリカのフランクさに驚くと同時に、引き換えに日本の空母のことを雑談でも良いから話してもらえばアメリカが得をする、ということだろうと、冷静に分析しています。

内部を詳細に案内されながら、日本より進んでいること、遅れていることなど感じていましたが、日本では装備されていたランプ式の着艦誘導装置など、アメリカでは遅れており人力で旗で誘導していました。「日本ではどうか?」との質問に「日本も同じだ」と、そこは誤魔化して回答したそうです。

のちにアメリカ軍の幹部に「なぜ敵の捕虜に機密を見せたのか?」と聞いたところ、「これがアメリカの軍人ならば、日本軍の捕虜になって情報漏洩する可能性があるが、君はすでに我々の捕虜だ。日本に機密が漏れる心配は無い」との回答で、なるほどど思ったそうです。

2019/7/2520:04:31

米軍捕虜になって、戦後は中日新聞の記者になって、青春時代(職業軍人時代)の思い出を実名,仮名織り交ぜて世に出してくれたことについて、立派な業績を残してくれていると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる