ここから本文です

透木の点前は、拍子木のような透木を使うということですが、風炉の場合の「中仕舞...

sgk********さん

2019/7/2522:24:10

透木の点前は、拍子木のような透木を使うということですが、風炉の場合の「中仕舞」と「本仕舞」、炉のときの「内隅ねらい」と「外隅ねらい」の関係はどのようになるのですか。

閲覧数:
31
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rin********さん

2019/7/2610:43:02

透木は、五徳に載せず、透き木を使って炉や風炉に釜を載せる、つまり、釜の形状と扱いのお話です。

透き木釜を使い、台子や長板を使う点前も、 棚の点前も運びもやりますので、その点前の決まりや、小間か広間かといった茶室の約束に従うだけで、透木だからという特別なことはないと存じます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/7/2611:10:56

私がこれまで教わった限りでは、透木の点前は、風炉の場合の「中仕舞」と「本仕舞」、炉のときの「内隅ねらい」と「外隅ねらい」に影響を与えた記憶はありません。

透木の点前は風炉の場合は非常に暑い時期、炉の場合は気候が暖かくなってきた時期に中の火をなるべく感じさせない目的でなされると伺っていますのでお点前の他の約束事には影響を与えないとお考えいただいて良いと存じます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる