ここから本文です

義両親の着物について質問です。私自身は恥ずかしながら着物に関する知識は乏しく...

アバター

ID非公開さん

2019/7/2616:02:45

義両親の着物について質問です。私自身は恥ずかしながら着物に関する知識は乏しく、詳しい方が居ましたらよろしくお願いします。

故義母のクローゼットを整理してたら結婚前に亡くなった義両親の着物が3着出てきました。

①白い家紋が5ヶ所入っている男性用の黒い羽織、白い紐が付いているが紐や家紋なと白い所が黄ばんでいる。

②家紋は背中1ヶ所で白抜きでは無い、黒くて無地の女性用の羽織。長さは1メートル位。

③男性用か女性用か不明。茶色ベースに黒い小さな点の様な模様が全体に入っている。青い裏地が付いている。下にアップの写真があります。

夫によると義両親がそれらの着物を着ているのは見た事がない、初めて見たとのこと。試着してみましたが義両親は私や夫より10センチ以上小柄だったそうで、私も夫も手首が10センチ以上見えている状態でした。
今更だけど形見として義両親の親族に譲るのを打診してはと夫に聞いてみましたが、義父側の親族は全く交流が無く連絡先も知らない状態。義母側は交流がありますが、49日の時に声をかけたら「義母の生前元気だった頃にもらっているから大丈夫」と言われてたそうです。

夫と話して出た案が

1 クリーニングや丈をお直しして着る
2 何かにリメイクする
3 着るのを諦めて純粋な形見として保管する
4 思い切って処分

でした。私の裁縫の能力はボタン付けやテープを使った裾上げが限界です…。1や2を実行するならプロにお願いすることになるんですが、

・1や2はプロにお願いするとしてもそもそも現実的に可能なのでしょうか?
・もし1が実現出来て着れる状態になった時、①〜③はどういう用途で着るのが正しいのでしょうか?

よろしくお願いします。

義両親,略礼装,形見,着物,家紋,親族,五つ紋

閲覧数:
241
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yos********さん

2019/7/2713:00:44

①男物の黒の五つ紋の羽織は、揃いの五つ紋の黒の着物と、袴とセットでしか着られません。
着物、袴はどなたかに譲ってしまったのでしょうか。
バラで渡しても使い道がなさそうですので、考えにくいのですが…。
おそらく色あせなどもあるでしょうし、新しく着物を作っても全く同じ黒にはなかなかなりませんので、使うとしたらリメイクするしかないと思います。
羽二重でしょうから、紋のないところを上手く使って、女物のワンピースなどにリメイクしてもらうことは可能と思います。
リトルブラックドレスくらいなら、できるのではないかと思います。

②女物の一つ紋の黒羽織は、昔、礼装には少し格が足りない着物の上に羽織って、略礼装として通用するようにしたものです。
いくつか用事があってお出掛けするとき、その一つがご挨拶やちょっと畏まった場、お通夜などだったら、小紋や紋無しの色無地などの上に、その時だけこれを羽織れば略礼装として通用しました。
今は、小紋などの普段着より礼装の着物を持っている人の方が多いので、そういう使い方もほぼ見ませんが、今でも通用します。
紋を消して、刺繍などで柄を付けて普段向けの羽織としてお使いになってもよいと思います。
羽二重なら扱いも楽ですが、女物はちりめんの場合もあり、ちりめんは水で縮むのでリメイクには注意がいります。

③紬の着物でしょう。
男物か女物かは、袂と身八口が開いているかで区別が付きます。
細かい柄ですので男物の可能性が高いですが、男女いずれにしても、カジュアルのお出掛け用着物です。
着物を着なくても、洋服にリメイクできます。
こういう細かい柄は、洋服にしても割と馴染みがよいので、ワンピースやスカート、ジャケットやスプリングコートなど、いろいろとリメイクして販売されているのを見かけます。
丈夫ですし、水にも強いので、残り切れをバッグやポーチなどにしても使えます。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/7/2916:06:33

    ありがとうございます。
    義父が亡くなった時はかなりゴタゴタしてたそうで、義母は生前元気なうちに形見分けをしてたそうです。
    形見分けは実の息子である夫も知らなかったらしく、49日の時に叔母に声をかけて初めて知ったそうです。なので何故着物や袴が無く黒の五つ紋だけが残ってしまったのかは不明です。
    更に夫の話だと黒の五つ紋は家紋の上にそれぞれ和紙がついていたそうです。私に見せる前に剥がしてきたんだそうです。女物の黒の一つ紋は和紙はくっ付いてはいなかったらしいです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/8/1 20:11:31

回答を下さった皆様、本当にありがとうございました。
ベストアンサーは五つ紋が使えない理由を詳しく書いてくれた方にしました。
主人と話し合った結果、両親の形見としてそのまま保管する事になりました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mko********さん

2019/7/3107:45:08

③は紬です。座布団や暖簾にできますよ。
①と②の黒のものは袱紗やバッグにすれば、ブラックフォーマルに使えます。
そういう小物なら、親族に配っても喜ばれそうです。
いずれも、街のお直し店でうけてもらえるかと思います。

ymj********さん

2019/7/2616:34:17

お直し関しては縫込みの量にもよりますが、裄丈は特に元の反物幅の限界があるので直して着るのは難しいと思います。
リメイクも黒無地だと使い道が限定され過ぎるので、せいぜい喪服用バッグの表地くらいかと。


①は男性の第一礼装用の羽織、②は女性の略礼装用の羽織でしょう。
③はアップだけでは何もわかりませんから、全体的な画像が必要です。

①も②も単体では使い道がありませんから、合わせていた着物は既に形見分けか処分されているのでしょう。
①は第一礼装なので着る機会といえば身内の結婚式くらいです。
②は戦後のものの少ない時代に普段着格の着物の上に羽織って、子どもの入卒式やお通夜などの略礼装に使用されていました。
現代でも入卒式ならごく稀に着ている人はいますが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる