ここから本文です

【養育費と面会交流】 Q1:「養育費」の支払の実現率と、面会交流の実現率は、現...

アバター

ID非公開さん

2019/8/1100:00:03

【養育費と面会交流】
Q1:「養育費」の支払の実現率と、面会交流の実現率は、現実的には相関性がありますか?
Q2:相関性のDataは、存在しますか?

Q3:民法766条を改正し、「養育費」と「面会交流」の実効性が担保できるような義務化とする方法は、可能ですか?
Q4:共同親権化も、解決の選択肢ですか?

閲覧数:
28
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kawaia1750aさん

編集あり2019/8/1107:11:03

1は環境の変化で変わるのでどちらも一定しない。よって個々に違うことが想定できるのでデータは存在しない。

3の義務化について養育費は無いものからとれますか?と言う観点から現法で良いとなります。面会交流も子供が拒否している場合、義務だから合わせるのは福祉の観点からそぐわない。

共同親権の問題点は子供のことでの決め事で相手の同意が必要なり相手からの嫌がらせにより何も決まらなくなると言う点。そうなると子供に取って不利益になる可能性がある。嫌がらせがなくても例えば子供が緊急手術になった時は親権者の同意が入ります。その時離婚している場合、父と母双方の同意が必要となり同意に時間がかかり子供の様態が悪化して死亡する可能性もある子供に取って不利益を被る可能性が高くなる、そんなこと先日弁護士が言っていたね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる