ディープインパクトが先日死去しましたが、今考えるとディープインパクトの産駒ってダービー前後あたりが競走馬としての能力のピークになるいわゆる早熟型と呼ばれるタイプの馬で3歳秋の菊花賞

ディープインパクトが先日死去しましたが、今考えるとディープインパクトの産駒ってダービー前後あたりが競走馬としての能力のピークになるいわゆる早熟型と呼ばれるタイプの馬で3歳秋の菊花賞 以降の頃になるとパタリと勝てなくなってしまう馬が非常に多いのでは? ディープブリランテにしてもキズナにしてもマカヒキにしてもそうだし、ワグネリアンですらダービーの後に神戸新聞杯を勝って以降未だに勝利ですし、ディープインパクトの産駒で菊花賞を含めて3歳秋以降のG1レースを勝った例でいうとサトノダイヤモンド、エイシンヒカリ、フィエールマンの3頭くらいしか思い浮かばない。 そう考えるとやっぱりディープインパクトの産駒は早熟型なんじゃなくね?

補足

訂正 ディープインパクトの産駒によるダービー馬と訂正します。

競馬144閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

成長力が、あまりないのかもしれないですね。 ディープ自身も、現役時は馬体重が徐々に減っていましたし、最初から仕上がっていた印象を受けるので。

その他の回答(4件)

0

まず、早熟の定義とは?から気になりました。 種牡馬選定を目的としたクラシック競走の時代でもっとも名誉なダービーを勝つ、ダービーを勝つことが生産の主目的なのに、ダービーを勝ち、秋以降の成績がふるわなければ早熟? 定義がない言葉なんで、個人の考え方による部分が大きい質問なのかなぁと考えました。

0

私も同意見です。ジェントルドンナ以外はあまりG1馬でも印象薄いですもんね…

0

ディープインパクト産駒の東京優駿馬が不調なだけで、ジェンティルドンナちゃんはGⅠいくつか勝ってますし、サトノアラジンくんも安田記念、ダノンシャークくんとトーセンラーくんはマイルチャンピオン勝ってますし、スピルバーグくんは天皇賞(秋)、ショウナンパンドラちゃんもジャパンカップ勝ってますし、マリアライトちゃんはエリザベス女王と宝塚記念、アルアインくんも大阪杯勝ってるので 古馬になってからもGⅠ勝ってるお馬はいるので早熟型でなくて東京優駿馬が不調なだけでは??

おっしゃるとおりかもしれませんが、じゃあ何故ディープインパクト産駒のダービー馬は早熟タイプの馬ばかりなんでしょうかね? その1つとして自分はダービーを勝てば種牡馬にまず間違いなくなれるでしょうし、ディープインパクト自身がJRAの三冠馬であり、JRAの三冠馬の産駒でダービー馬になったのはディープインパクト以外にはトウカイテイオー(三冠馬シンボリルドルフの産駒)しかいないのがあるのかなとも思う。

0

牡馬という表現が抜けてますね。 私はジェンティルドンナは?って思っちゃったのでね。