ここから本文です

英エリザベス2世の血統は,歴代イングランド国王のどこまで遡ることができるのでし...

アバター

ID非公開さん

2019/8/420:25:07

英エリザベス2世の血統は,歴代イングランド国王のどこまで遡ることができるのでしょうか.現在の英王朝はウィンザー朝なので,ウィンザー朝の初代ジョージ5世まで血がつながる,それ以前は断絶している,との理解

でいいのでしょうか.

閲覧数:
35
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

goo********さん

2019/8/421:14:50

書きなおして再投稿です。

ウィンザー朝は今の王室ですが、ジョージ5世の時に名前を変えただけで、それ以前のハノーバー朝(途中サクス・コバーグ・ゴータを名乗ったこともある)と血統はつながっています。だからエリザベス女王の直系の先祖はハノーバー朝を開いたジョージ1世です。

エリザベス2世の祖であるジョージ1世は母方の曾祖父がスチュアート朝のジェームズ1世です。そのジェームズ1世の母方の曾祖母がチューダー朝の祖のヘンリー7世の娘です。

ややこしいですがこうやってエリザベス女王は過去の王朝とつながります。


※参考までによろしければ

アルフレッド大王から見ますと…
アルフレッド大王の三女のエルフスリュスがフランドル伯ボードゥアン2世の妃になっています。その子孫のマチルドがノルマン征服王ウィリアム1世の妃になっています。

その後その「ノルマン朝」がウィリアム1世の孫、スティーブン王で途絶えると、別系統の曾孫のヘンリー2世によって「プランタジネット朝」が興ります。

その子孫リチャード2世までがプランタジネット朝で、次に興ったのが「ランカスター朝」。
プランタジネット朝の途中にエドワード3世がいるがその四男、ランカスター公の子のヘンリー4世が祖である。

ランカスター家のライバルがヨーク家で、こちらはエドワード3世の五男より始まる家系。ランカスター家とのバラ戦争で英国王座を争った。
やがてヨーク家が勝利するが、英国史上の悪王といわれるリチャード3世が王位についてそれに対する反発が生まれた。
ランカスター家のヘンリー5世の未亡人のキャサリン・オブ・ヴァロアは秘書のオーエン・チューダーと極秘結婚、その間に生まれたエドモンドの子のヘンリー・チューダーが反リチャード3世の戦いを起こす。彼はヨーク家のエリザベスと結婚し、リチャード3世も倒して新国王になる。ヘンリー7世である。

ヘンリー7世からが「チューダー朝」。孫娘のエリザベス1世が生涯結婚せずに子がいなかったのでスコットランドから新王を迎える。「スチュアート朝」である。
ヘンリー7世の娘がスコットランド王の妃となっていた。その曾孫のジェームス1世(スコットランド王としては6世)が王となったわけである。

だがジェームスの子のチャールズ1世は清教徒革命に敗れ処刑され、英国は一時期共和政となる。

その後王政復古になり、チャールズの子のチャールズ2世が亡命先のフランスから戻り王位に就いた。

スチュアート朝の最期がアン女王。彼女には子が無かったので、アンの曾祖父になるジェームス1世の曾孫のゲオルグ・ルードウィッヒがジョージ1世として即位した。「ハノーバー朝」である。ドイツ出身の家系である。

その後ハノーバー家は名称を「サクス・コバーク・ゴータ」に改め更に現在は「ウィンザー朝」となっているが家系そのものはハノーバーに変わりはない。

アバター

質問した人からのコメント

2019/8/8 21:59:27

皆さま,回答ありがとうございます.勉強になります.

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cel********さん

2019/8/420:52:46

アングロサクソン年代記で、ウェセックス王国の始祖とされているCerdicは、現在のエリザベス2世の祖先です。勿論、伝承上の人物で実在したかどうかは別問題ですけどね…

↓は、ブリタニカ百科事典の英語版のCerdicの記事ですが…

https://www.britannica.com/biography/Cerdic


All the sovereigns of England except Canute, Hardecanute, the two Harolds, and William the conqueror are said to be descended from him.

と書いてあるのは、歴代全てのイングランドの君主(といっても、ウェセックス王国と並立的に存在していた王国はもちろん除いてですが)は、クヌート、その子のハロルドとハーデクヌート、ウィリアム征服王に敗れたハロルド、ウィリアム征服王、これらを除いてすべてがCerdicの子孫とされている、って意味です。ウィリアム征服王の次の世代(ウィリアム2世とヘンリー1世)は、母方からアルフレッド大王の血をひいています。

遠い・近いの話を除けば、血筋の面だけでは、11世紀のごく一時期にそれまでの王家とのつながりのない王がいた、という事になります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる