ここから本文です

三相モーターに関する質問です。

しろくまさん

2019/8/619:58:37

三相モーターに関する質問です。

一般的に対称三相交流電流は、
Iu=sinθ
Iv=sin(θ-120°)
Iw=sin(θ+120°)
と表されると思います。
しかし、例えば下記のURLにあるように、
モーターの制御の解説では、V相が第2象限にあり、+120°のようになっていると思えます。これは何故なのでしょうか。

http://www.iee.jp/wp-content/uploads/honbu/31-doc-honb/power-ele-3r...

閲覧数:
26
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nura-rihyonさん

2019/8/706:37:37

巻線の配置(角度)と巻き線に流れる(流す)電流の時間的な位相差、で混乱されているような

巻線の配置は添付図のように、uに対してvが+120度、wが-120度の位置にあります
で、この巻き線で反時計方向に回転する(ωtが正)の磁界をつくります
このとき、u,v,w に流す電流を考えると、
vには、時間的に120度分だけ遅れた位相の電流を、wには240°分遅れた(=120°分進んだ)位相の電流を流すことになって、
Iu=sin(ωt)
Iv=sin(ωt-120°)
Iw=sin(ωt+120°)
の位相関係になります

巻線の配置(角度)と巻き線に流れる(流す)電流の時間的な位相差、で混乱されているような...

  • nura-rihyonさん

    2019/8/706:50:12

    空間ベクトルとフェーザの違い、というほうが適切かな
    質問で参照されている資料で使われているのは「空間ベクトル」と呼ばれたりする表記で、
    電流や磁束を平面上を回転する一つのベクトル、(回答の図の磁束、みたいなもの)として、
    u,v,wの電流は、回答の図のような軸への投影、として扱います

    (これに対して、フェーザはu,v,wそれぞれに回転するベクトルを考えて、実際の電流や電圧は実軸や虚軸への投影として考える)

    で、空間ベクトル表記では添付図のように、v軸が第二象限に来ます
    (フェーザ表記のベクトルと、空間ベクトルの軸では、角度の符号が反転してる)

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

KisinJiroさん

2019/8/621:25:05

uvwが相の回転順を表しているとします。
一般的に対象交流電流は下記のように表現されます。これは質問のリンク先の図と同じです。
http://www.itoffice.jp/ITOFFELC4.htm

補足
質問にある下記表現が採用されている文献を補足してもらえると詳しい回答ができると思います。
Iu=sinθ
Iv=sin(θ-120°)
Iw=sin(θ+120°)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる