ここから本文です

質問お願いします。

アバター

ID非公開さん

2019/8/721:26:22

質問お願いします。

40歳女性です。1ヶ月ぐらい前から肩こりがあり、首を少し後ろに倒すと肩から腕にかけて痛みがあります。
主人に話すと更年期障害じゃないのと言われます。
また、ときどき頭が重い感じや顔がほてる感じになります。
もし病院に行くとしたら何科受診したらいいですか?よろしくお願いします

閲覧数:
37
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/8/914:00:51

ご質問にお答えします。

Q.1ヶ月ぐらい前から肩こりがあり、首を少し後ろに倒すと肩から腕にかけて痛みがあります。
A.肩こりと言うよりも首こりでしょう。首こり→首周りの筋の伸長性が障害される→首を少し後ろに倒すと肩から腕にかけて痛む。

Q.主人に話すと更年期障害じゃないのと言われます。
A.生理周期が乱れることが多くなってきているのであれば、その可能性はあります。

Q.ときどき頭が重い感じや顔がほてる感じになります。
A1.首こりから「頭が重い感じ」になることがあります。
A2.「顔のほてり感」は一概に言えませんが、顔のほてり感に加え、手の平、足の裏のいずれかもほてるようであれば、更年期障害の可能性はあります。

Q.もし病院に行くとしたら何科受診したらいいですか?
A1.ほてり感が主訴、肩こりは副訴→婦人科→卵胞ホルモン薬(エストロゲン薬)の服用→諸症状が改善したら更年期障害。つまり、更年期障害とは結果的疾患名です。もし、改善しなければ、自律神経の乱れと言われることが多いです。
A2.肩こりと首を少し後ろに倒すと肩から腕にかけて痛むが主訴→整形外科→診断名は一概に言えませんが、恐らく、湿布、鎮痛剤、注射が処方され、様子をみて下さいと告げられて終了。
A3.あとは、鍼灸治療(気になる症状をそのまま告げる)→肩こりも含めた全身治療→肩こりは効果が出やすいが、ほてり感は幾度か受診する必要になる可能性があります。とりあえず、鍼灸と肩こりについては下記に記載がありますので、よろしければ参考になさって下さい。
http://www.eonet.ne.jp/~k-shinkyuu/topics2.html

以上、参考になれば幸いです。

アバター

質問した人からのコメント

2019/8/14 08:58:36

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oen********さん

2019/8/1314:32:49

カサイセンA錠と言うタイの漢方が効くかもしれません。腱や筋肉を柔らかくして症状を改善する珍しいお薬です。副作用は全くなく、錠剤なので飲みやすかったです。私は、3週間飲んで肩こりが完治しました。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/8/721:41:55

婦人科のある総合病院

men********さん

2019/8/721:31:46

スマホですね。


「慢性的な首こり、肩こり、腰痛の原因は患部にはない。」
これが私の結論です。


後ろ合掌はできますか?

自宅でのストレッチをお勧めします。

鏡を見て肩の高さ違いがないか確認してみてください。状態の確認は非常に重要でした。
体の歪みや姿勢の悪さがあれば是正は必須と考えます。
結構いるんですよ、スマホやパソコンの長時間利用で無意識に左右の肩が上がっている方。
私がまさにそれでした。



首こり、肩こり、眼精疲労、ドライアイ、めまい、顎関節症、更に多くの身体的な症状がありましたが、全て自力で治しました。

体の歪みに注目してみてください。

鏡に向かって左右の肩の高さを確認してみてください。
あと、巻き肩とも言われる肩の前傾ですね。


慢性的な首こり、肩こりに悩んで、整形外科や整体、カイロプラクティックに行っても治らなかったのですが、そもそも原因は首や肩では無かったことに気がつきました。
背中だったのです。
厳密に言えば胸椎、肋椎関節の歪み、旋回、肩甲骨周辺の筋肉の緊張、こりだということになると思います。

ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?
できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。
私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。

この事に気がついて首こりや肩こりを治すことができましたが、これによる良い影響は本当に大きかったのです。

対応としては自宅でストレッチが重要だと考えます。
当初は私も整体やカイロに行ってましたが、自分で問題の箇所を感じながら取り組んだ方が効率が良かったです。

特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。
頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。


姿勢の是正と後ろ合掌など背中のストレッチを進めてみてください。
両肩の高さを合わせて後ろ合掌(出来ない場合は背中側で両手を絡ませるように繋いで両側の肩甲骨を寄せるよう)しながら、顎を引いて首を伸ばすようにするストレッチ、また顎を引くのではなく、顎を突き出してやるバージョンもお勧めします。

またスマホ使用時はなるべく机の上で両ひじをついて肩の高さを合わせてやるようにしてください。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる