ここから本文です

塚は縁起の悪い漢字なのになぜ苗字や地名によく使われているのですか?

iop********さん

2019/8/816:26:13

塚は縁起の悪い漢字なのになぜ苗字や地名によく使われているのですか?

閲覧数:
34
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

Okonomimuraさん

2019/8/816:57:02

塚:土が小高く盛り上がっている所。目印などにするために土を高く盛った所。

「墓」という意味は2次的なものなので、
別段、縁起が悪いということはないと思います。
一里塚などの目印、というのが元なので、
地名になったり、苗字になったりしたのだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

苗字や地名は、苗を育てる畑で戦いの道場の意味です。土に雨風が用意されているのです。苗字に名前、地)に名(アース=阿の明日に運する)で名は殻田を暗くする=腹の虫の蝮を治める我慢、忍耐で肉体に汗することによって苗が育つ、勾玉が真珠に育てば天国に収穫される。

塚=土ワ豕、いのこ ぶた=曲がり角を怠けずに乗り越えてゆく先に幸せがある。

苗字が扁で阿で、名前が旁で運で神と人の狛犬のあうんがここにも表されているのです。自分の苗字と名前を知ることで課せられている運命を大雑把に知ることが大切です。

青森県の八戸にキリストの墓があり、十代墓と十来塚の二本の十字架が前先に建てられています。若い自分を殺して翁としての旅を行くべし、聖書は耶→蘇教でイエスの譬えの壁と、ヨハネの翻訳の真理に読み変えて黄泉から帰って天神様の細道に入って間を貫けて天国に結晶する,魂皮uターンの蘭の時は訪れた令和を旅して人と成る、徳仁に能うべし、です。

天国の鍵、漢字,地理、歴史,高麗犬、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめ

苗字や地名は、苗を育てる畑で戦いの道場の意味です。土に雨風が用意されているのです。苗字に名前、地)に名(アース=阿...

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる