ここから本文です

太古の地球は今より重力が軽かったという話を聞きました。 科学についてはど素人...

ケンポー渡辺さん

2019/8/1209:26:40

太古の地球は今より重力が軽かったという話を聞きました。
科学についてはど素人で何も知りませんが、
その根拠となる仮説を考えてみました。
いかーすか?

毎日地球には隕石がたくさん落ちているという話を聞きました。
なんと年間1万個の隕石が地球には降り注いでいると
軽~いおもしろ科学本的な本に書いてありました。

隕石一個の質量を仮に1キロと仮定しましょう。
すると1万キロ(10トン)の隕石が毎年降り募っているという計算になります。

今年の地球は去年の地球より、
1万キロ(10トン)重いのです!

地球の質量は
10年前だと100トン軽く
100年前は1000トン軽く
1000年前だと1万トン軽く
1万年前だと10万トン軽く
10万年前だと100万トン軽く
100万年前だと1000万トン軽く
1000万年前だと1億トン軽く
1億年前だと10億トンも軽いのです。
恐竜のいた時代には地球の質量は
今よりも10億トンも軽く、さすがにこれだけ軽いと
重力にも影響してくるかと思います。

恐竜たちはあの大きな体をどうやって支えていたのか!?
重力が軽かったためわりと平気だった!が答えになります。

翼竜は体が重すぎて飛べなかったという学者がいますが
んなこたあない!
重力を無視している。
重量が軽いため体重も想定より軽く、

翼竜は飛べたのです!

恐竜が滅んだ後も地球には巨大生物が跋扈する時代がやってきますが
やはり恐竜よりは大きくないのですよ。

それは恐竜時代よりも地球の質量が重くなり
それにともなって重力も重くなりますので
相対的に体も小さくなった。

現在の動物はさらに小さいのは
その頃よりもさらに重力が増したため仮説でした。

素人が何年も前から思っていたことですが
いかーすか?

補足そういえば現在は人工衛星やらなんやらの打ち上げで
毎年かなりの「質量」が地球外に逃げていっていますので
未来の地球は今より軽くなっているかもしれませんね・・・

閲覧数:
27
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

fried_turnipさん

2019/8/1210:12:53

>今よりも10億トンも軽く、さすがにこれだけ軽いと
現在の地球の質量は約59720000000000億トンなので、
10憶トンぽっち軽かったとしても殆ど何の影響もありません。
パーセンテージにすると 0.000000000017%程です。

実際には隕石を含めて宇宙塵が毎年4万トンも降り積もっています。
しかし、大気の一部が地球の引力圏外に毎年9万トンも逃げ去るので、
差し引き毎年5万トン程度軽くなっていると考えられています。

最近の1億年この傾向に変わりが無かったとすれば、
1億年前には約59720000050000億トンだった事になりますが、
5兆トンぽっち重かったとしても殆ど何の影響もありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アビ教官さん

2019/8/1401:09:32

重力は普遍ではなく、大きく変動します。原因は、銀河においては、星の密度の変化や、球状星団の接近・離反により、素電子プラズマの状態が変わることです(詳しくはこちら
https://okwave.jp/qa/q9626035.html
の参考URL内参考URLの各本文及び補足全10参照)。

地球の重力の強さは、現在を1とすると、生物相の変化から、最小でその二、三分の一、最大でその二、三倍と推測されます。


重力と質量の発生機構

図1 弾性体の上に物体を置くと、物体の重みで、弾性体は引き伸ばされたり圧縮されたりして変形し、元に戻ろうとして物体に抗力を及ぼす。

図2 物体が2個の場合、物体同士の間と外側で抗力の大きさに差が生じ、物体同士は近づく=物体間には引力が働く。

図3 空間は、弾性体である素電子プラズマで満たされている。物体は、素電子プラズマを斥けて存在しているので、素電子プラズマから抗力を受ける。抗力は、物体同士の間で小さく、外側で大きい。この抗力差により、物体間には引力=重力が働く。

図4 素電子プラズマは、重力だけでなく、質量・慣性も生み出す。

(1) 物体を押すと、素電子プラズマによる抗力は、押した側で小さく、反対側で大きくなり、この抗力差が「動かしにくさ」を生む。

(2) 抗力の大きい方から小さい方へ抗力の流れが生じ、物体は、移動する抗力のカプセルに運ばれて等速度運動する。

(3) 運動する物体を止めようとしても、抗力は流れ続け、止めた側で小さく、反対側で大きくなり、この抗力差が「止めにくさ」を生む。

重力は普遍ではなく、大きく変動します。原因は、銀河においては、星の密度の変化や、球状星団の接近・離反により、素電子...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ast********さん

2019/8/1311:29:16

仮に過去重力が軽かったとしたらその形跡が地層に残ります。

まぁ定期的に流行るトンデモ科学だと思っていいただければ幸いです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

juugoyaokamiさん

2019/8/1209:45:52

10億トンなどなにするものか。

地球の半径約6,400kmから導かれる体積は823,132,160,000 km³
密度を水と同じとして(実際はもっと重い)
1m³=1t
1km³=1,000m×1,000m×1,000m
=1,000,000,000m³
1km³で10億トン=1Gt(ギガトン)
体積の約1/823
せいぜい0.1%強でしかない。

地球の主成分を二酸化ケイ素SiO₂とすると、水の2.6倍程度になるのでさらにその割合は小さくなる。
おそらく1Gtで0.05%以下。重力に対する影響などあまりにも微々たるもので、誤差の範囲になるだろう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる