ここから本文です

カハマルカの戦いとは何だったのか。

ワカンダフォーエバーさん

2019/8/1302:17:03

カハマルカの戦いとは何だったのか。

さすがにインカ軍は弱すぎではないのか。

閲覧数:
15
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nxo********さん

2019/8/1306:06:16

鉄器がないというより知らないのにどうやって戦うの?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/8/1308:49:02

スペイン側は敵の王族を分裂させ、実質的にインカ軍は内乱状態に。さらにカハマルカではスペイン側はインカの要人を人質にしたりするなどして、攻撃をさせないようにしていた上に約束破りの不意打ちで各個撃破しました。

これに加えてスペイン側は銃器、鉄器、馬などを持っていたため、瓦解しました。


アタワルパ(インカ皇帝)には2~8万人の兵士が温泉地で保養していました。インカはスペインのけしかけで内戦状態になっていたので、インカ皇帝帝位を狙って兄弟争いしていたのです。

それでスペインは一応アタワルパ側の味方として振る舞っていました。スペイン側はカハマルカに200人でやってきました。アタワルパはわずか200人の味方または中立の相手が数万人の軍隊にやってくるのですから謁見だと思ってお出迎えしたのです。

スペイン側は戦闘しないことを条件にしたので、アタワルパ側は7000人の非戦闘員・非武装の儀じょう隊などを連れて会見の地に赴きました。すると突然、完全武装のスペイン軍は一方的に殺戮し、皇帝を拉致して町に引っ込みました。相手は丸腰なので、一方的な殺害です。逃げる者も追い詰めて引き裂き、殺したのです。

町に立てこもったスペイン側は皇帝を人質にしたので、インカ軍は手が出せずにいたのでした。

bir********さん

2019/8/1307:51:18

ピサロが百人にも満たない人数で
インカと戦争できたのはインカの要人ら
多数を戦前に人質に取って多勢の敵に
対して少数ながら狡猾に戦ったから。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる