ここから本文です

弓道の質問です。

pla********さん

2019/8/1513:01:35

弓道の質問です。

高校生になってから弓道を始めました。

弓を引くうちに左手の親指の皮が剥けてしまったので、押し手かけを購入しました。
治るまで押し手かけを使っていこうと思います。
いつ治るか分からないので手の内の形が崩れたりしないか心配ですが、審査会では良い印象を持たれないと聞きました(ネットで)。やはり実際に付けない方がいいのでしょうか?

手の内は講師の方に綺麗だと言われたのでいつも通りやってます。

補足押手がけは親指だけのもので、マチなしです。
結び方も教えていただけたら幸いです。

手の内,弓道,親指,審査会,押手カケ,虎口,かけ

閲覧数:
44
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

try********さん

2019/8/2111:25:36

他の方がおっしゃっているチョンガケは右手の親指につけるものですので、質問者さんのおっしゃっているのは「指押し手」です。

私も学生時代には同じように指の皮がむけて指押し手を使っていました。
審査会では良い印象を持たれないというのは参段以上です。
参段になると審査統一基準の中に「手の内」という言葉が入ってきますが、弐段以下の審査会では手の内の働きまでは査定しませんので問題ありません。

指押し手は親指に指押してをつけてから、手首に紐を2週ほど巻いて余りを手の甲側の紐に巻き付ければ良いです。
こちらのブログでは本格的な押し手弽ですが、このような感じです。
https://mitsugake.exblog.jp/12240279/
また、単に巻き付けるだけでなく、2週巻くと紐が2本になるので、あまりの部分をその2本に交互に巻き付けて編み込むようにすると行射中にずれたりしないです。
面倒ですが余裕があれば試してみてください。

なお、その親指側面のマメですが、これは手の内の整え方が浅く、大三で弓の握りが親指の側面に接触するためにおこります。
添付の図は「弓執る心」という書籍からですが、手の内を整えた時に、虎口A-Cにしっかりと弓の握りを押し付けておき、大三で虎口の中で弓が回転するように手の内を入れると親指の側面が弓の握りに接触することがありません。

「弓は虎口で押すもの」という意識を持ち、大三も虎口の中で弓を回して手の内を入れるようにする意識を持つとやがて指押し手の出番はなくなると思います。
指導者の先生によく習って正しい手の内を習得してください。

他の方がおっしゃっているチョンガケは右手の親指につけるものですので、質問者さんのおっしゃっているのは「指押し手」で...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lyr********さん

2019/8/1521:20:43

押手カケではなく、指押手、チョンがけですね。押手カケは勝手につけるカケみたいにもっと本格的なやつです…が、弓具店も押手カケとして売ってたりするからややこしい。

審査での印象ですが、地方審査レベルではさほど関係ないです。指押手をしている→押手に怪我をしている→手の内が未熟、と見られる可能性をネットではよく言われるのですが、弓道以外での怪我の可能性もありますからね。手の内が未熟かどうかは実際に引いているところを見ればすぐ分かります、審査員の先生方はそういう目を持っておられる方々です。(ちなみに手の内の働きを見られるのは参段以上)

結び方ですが、手首に巻いた後「手の甲側」で先に巻いた紐にぐるぐる巻き付ければOKです。特に決まった結び方はありませんが、手の平側だと手の内がゆるんだ時に引っ掛かることがあるのでNG。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる