ここから本文です

小学生の頃、祖母と一緒に見に行った風立ちぬ。

アバター

ID非公開さん

2019/8/1600:08:08

小学生の頃、祖母と一緒に見に行った風立ちぬ。

意味も分からないまま、ただぼんやりと眺めたあの日のことを後悔しています。



先日祖母とアルキメデスの大戦を見に行きそのリアルさに圧倒されました。今だからこそ戦争映画から戦争の恐怖、平和の素晴らしさを見に染みて感じさせられます。

アルキメデスの大戦を見て、昔もこうしておばあちゃんと映画をみたなあと思い出しました。
Youtubeで風立ちぬの予告を何気なく先程見直してみると、それだけで涙が溢れてしまいました。

本題までが長くなってしまいましたが、「風立ちぬ」には飛行機の設計、「アルキメデスの大戦」には戦艦の設計の描写があったと思います。
そんなにも多くの人が、そして一般の人が、設計に携わっていたのでしょうか。
また、設計をすることを苦だとは思っていなかったのでしょうか...?(戦争する武器を作りたいと思っていたのか)

閲覧数:
71
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kyoucyanpapaさん

2019/8/1600:36:08

昔、電機部品や装置の設計をやっていた者です。
兵器については分かりませんし、それらの映画も観ていないので一般的な設計に関してのことしか書けませんが御容赦ください。
設計は結構面白い作業です。
自分が描いているモノが実際に形となって生み出される(生産される)感覚は何とも言えない快感があります。
それが苦労して描いた仕事ほど図面一式を描き上げた瞬間とそれが工場で製品として完成した時の達成感は格別です。
そもそも自分が紙に描いたモノが現実の世界で物となって出てくる。
ちょとした魔法です。
やっていて結構、辛い思いもしたこともありましたが、その辛さは物が完成した瞬間に吹っ飛んてしまう。
設計とはそんな仕事でしたね。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/8/1600:43:02

    そうなのですね。実体験を話してくださってありがとうございます。

    良い意味で私が思っていなかった回答でした。将来設計の仕事をしてみるのも良いかなと感じましたし興味が湧いてきました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる