ここから本文です

四面体OABCを考える。辺OAの中点をPとする。また辺OBを2:1に内分する点をQとして、...

アバター

ID非公開さん

2019/8/1601:13:01

四面体OABCを考える。辺OAの中点をPとする。また辺OBを2:1に内分する点をQとして、辺OCの3:1に内分する点をRとする。更に三角形ABCの重心をGとする。3点P,Q,Rを通る平面と直線OGの交点をKとするとき、→OKを→OA,→OB,→

OCを用いて表せ

以上の問題の解説です。

4点O,A,B,Cは同じ平面上にないからとありますが同じ平面上にあった場合なぜダメなのでしょうか?何が起こるんですか?

平面,4点O A B C,四面体OABC,3点P Q R,平面上,表し方,係数比較

閲覧数:
10
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2019/8/1601:46:53

同じ平面にあった場合、OK=pOA+qOB+rOCの表し方が一つに決まらないので、係数比較ができなくなります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる