ここから本文です

特捜の森友疑惑に対する「不起訴処分」に対して検察審査会の「不起訴不当」の判断...

gen********さん

2019/8/1710:36:13

特捜の森友疑惑に対する「不起訴処分」に対して検察審査会の「不起訴不当」の判断を一切無視して、特捜部は再び「不起訴処分」を決定し、森友疑惑を闇に葬りました。

国有地が8億円も不当に値引きされ、公文書が隠蔽され、改竄され、虚偽答弁が繰り返され、理財局の職員が自殺までしているのにです。国民を裏切り、役割を果たさないだけではなく、疑惑を闇に葬る特捜は必要でしょうか?税金の無駄では?皆さんはどう思いますか?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190817-00212069-diamond-s...
「森友問題」捜査終結、「最強の捜査機関」特捜部は今や影も形もなし
8/17(土) 6:01配信

ダイヤモンド・オンライン

Photo:PIXTA

学校法人「森友学園」を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で、有印公文書変造・同行使などの疑いで大阪第1検察審査会が「不起訴不当」と議決した佐川宣寿元理財局長(61)ら10人を再捜査していた大阪地検特捜部は結局、再び不起訴処分とした。3月の議決は文書改ざんを「言語道断」と指弾し、背任容疑についても法廷で事実関係を解明するよう求めていた。問題の発覚から約2年半。大阪特捜は不起訴の理由を「立証・立件は困難」と説明するが、今回、国民が求めていたのは「有罪・無罪」という判決の結果ではなく、何があったのか「真実」を知りたいということだった。しかし、大阪特捜は組織の論理を優先し、国民の負託に応えることなく捜査を終結した。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

● 国民をけむに巻く大阪特捜

本稿では政局についての背景は一切排除し、あくまで大阪特捜と今回の問題(事件にならなかったので「問題」と表記)について絞って考察していきたい。

一般的に刑事裁判(公判)での有罪率が99.9%といわれるのは、検察が確実に有罪にできると判断した事件でなければ起訴しない(不起訴、もしくは起訴猶予)という背景があるのは周知の事実だ。

背任罪は「他人のために事務を処理する者が自己もしくは第三者の利益をはかり、または本人に損害を加える目的で任務に背く行為をし、本人に財産上の損害を与える」行為を指すが、背任容疑の対象となった近畿財務局の元統括国有財産管理官ら4人に「国に損害を与える」目的を持っていたかの立証が極めて困難だったことは理解できる。

一方、文書改ざんは既成事実化しているにもかかわらず、佐川氏ら理財局幹部6人についても有印公文書変造・同行使の罪だけで起訴することをためらったのは、一般的に形式犯であり、公判請求(起訴)するような事件でないという理由が考えられる。

立件しても、略式起訴・略式命令(罰金刑)で済まされる可能性が高い。公判にならず、5000万円もの退職金をもらった佐川氏らが罰金数十万円の幕引きで、世論が納得するかどうか…。

大阪特捜は、1992年に発覚した自民党元副総裁の故・金丸信氏を巡る5億円のヤミ献金事件(東京佐川急便事件)を想起したのかもしれない。

東京地検特捜部は事情聴取のため出頭を求めたが、金丸氏は拒否し、政治資金規正法違反について認める上申書を提出。東京地検特捜部は結局、聴取も逮捕もせずに略式起訴し、金丸氏は罰金20万円の略式命令を受けた。

5億円もの“賄賂”疑惑に対する捜査の行方が注目されたのに、罰金20万円という決着に国民からは猛烈な批判が湧き起こり、「検察庁」の表札に黄色のペンキがぶちまけられる事件も起きた。

大阪特捜は昨年5月、刑事告発された38人をいずれも不起訴としたが、検審は10人を不起訴不当と議決した。しかし、強制起訴につながる「起訴相当」の議決とは違い、再捜査で不起訴となった場合、検審は再度の審査はできない。

だから9日の大阪特捜の決定は、ある意味で予想通りだったとはいえる。「立証・立件が困難」という伝家の宝刀を繰り出し、再度の不起訴を決定。法的な知識のない国民をけむに巻くという決着は、多少の法律的な知識のある方なら分かりきった結末だったかもしれない。

そう、冒頭にも書いた通り、大阪特捜は国民が知りたいと求めた真実より、自らのメンツと慣例を守るために今回の判断をしたと言っても過言ではないのだ。

● 国民の負託に応えない検察

大阪特捜が集めた資料、関係者から聴取した供述、認定した事実、認定できなかった事実…。有罪・無罪を問わず、積み重ねた証拠を公判で示し、何が事実で、何が事実ではないのか、裁判官の審理を仰ぐという判断はできたはずだ。

国民の税金である捜査費を使い、国民が「知りたい」と求めた事実(捜査内容)を、メンツと慣例のために一切を公開することなく、闇に葬ってしまったのだ。

これは「国民の負託に応える」どころか、背信行為であろう。では、大阪特捜とは誰のために存在する組織なのか。言うまでもない、自分たちが出世するための組織であり、国民のことなど考えていないのだ。
(転載ここまで)

閲覧数:
19
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oso********さん

2019/8/1711:20:15

それは貴方が法律を知らないからです。
大阪第1検察審査会とは法律のプロではありません 倫理だけで見ているので
検察の判断とは異なります。まあ 審査会がどんなに頑張っても法律のプロの
判断を覆すことはほぼありません。
公務員の公文書偽造が成立する為には 要件と言うものが有ります。
偽造に当たる行為は 結論が書き変えられた と言う要件が必要なのです。
公務員の仕事とは 議事録一枚書くにしても 何度も何度も書き換えをしなくてはいけません。出席者全員の了承を得るまで書き換えを命じられます。
5人出席すれば 10回ぐらい書き変えるのが普通です。印鑑の日付も関係ありません。だから 書き換えだけた行為を偽造だとすれば 公務員の仕事は一歩も前には進みません。要件は結論が書き変えられた・・・結論が同じであれば 罪には問えません。
貴方が何をガタガタ言っているのか意味が解りません。改ざんされたと言われる
元の文章も公表されていますし 書き換えられた文章も公になっています。
それを比べればよいだけの話です。書き換え前の文章には 総理も夫人も政治家も
誰も関与していないと書いてあります。書き換えられた文章には 総理も夫人も政治家も誰も登場しません。・・・・何か問題ですか???
自らの潔白の証明をわざわざ書き変えろと命じる馬鹿がいるのですか????
佐川さんに都合の悪い話は確かに消されていますね。しかし結論は何も変わっていません。
そして 数千ページにも及ぶ詳細な交渉記録も既に公になっています。
その文章には 更に詳しく 総理も夫人も誰も関与していない事実が 克明に記録されています。この文章が出てしまい 野党は何も言えなくなりましたし マスコミは一斉にフェードアウトしましたね。問題は 疑惑のネタは次々に出されるにもかかわらず 潔白の証明となる文章は3年間も隠し続けられていたと言う事です。

  • 質問者

    gen********さん

    2019/8/1711:23:36

    安倍応援団、自民党ネトサポ(?)の方ですよね?
    お仕事ご苦労さまです。
    検察が不当な判断をすることが多々あるから、検察審査会という一般国民が判断する制度があるのですが?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/8/21 23:55:53

極右国家主義思想の安倍応援団、自民党ネトサポ(?)の方しかご回答戴けませんでした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる