ここから本文です

日韓併合条約は合法だ。 なぜなら日韓併合は純宗韓国皇帝の勅命だから。 日本に...

令和ダエモン哲学さん

2019/8/1812:29:00

日韓併合条約は合法だ。
なぜなら日韓併合は純宗韓国皇帝の勅命だから。
日本に脅されたから、無効??

言い訳はいけませんね。
皇帝の勅命に言い訳は通じませんよ。
純宗皇帝陛下の面子を潰すつもりですか?

それに脅された条約は無効というのなら、
1965年の日韓基本条約はアメリカに脅されて、
日本は韓国と条約を結び、当時の金で5億ドルという
法外な金額の金を韓国に支払う破目になった。
日韓併合条約は日本に脅されたから無効というのなら、
日韓基本条約はがアメリカに脅されたから無効になるので、
韓国に支払った5億ドルの金を日本に返してもらおうか?

閲覧数:
30
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

naw********さん

2019/8/1815:20:03

そして、国際的には認められてるインフラの返還請求もしましょう。
5億ドルどころじゃないですよw
まー、その前に、韓国人に「国際条約」とは何か「不可逆」とは何かを教えなければ。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

huu********さん

2019/8/2407:08:28

その通りです

ter********さん

2019/8/1820:05:25

「日韓併合」は国際法上「違法」ではありません。

↓こんなもの、必要ありません。
---------------------
純宗韓国皇帝の勅命
---------------------


1910年に日韓併合が起こりましたが、それを違法とするものは何もありませんでした。

第一次世界大戦前までは、自立出来ない国家地域は、強国が植民地(朝鮮は併合ですね)として管理することは国際的に常識とされており、それは力による強制でもかまわないことになっている。力による強制脅迫で国を奪う事が問題となったのは、第一次世界大戦後、それまでは世界的によくある事象であり、日本がとった行動もその中の出来事としては珍しいことではなかった。つまり、アヘン戦争のような事象は第一次世界大戦前までは当然の出来事であり、第一次世界大戦後、自立可能な国地域を力で強制的にうばうのはやめましょうという事になった。朝鮮については、第一次世界大戦前の1910年なので、植民地化については国際法上問題はなく、ヨーロッパ諸国はみな当然としてやっていた。アメリカは米西戦争でフィリピンを自国の植民地として支配した。またハワイも力による併合を行ったが、現地住民との間で「和解した」としてこの問題を解決した。

満州など、国際連盟からの非難を無視した点など問題はあったが、第二次世界大戦前の出来事としては、日本がとった行動はヨーロッパ、アメリカ等と比べそれほど違いはなかった。植民地そのものが問題であり、やめましょうとなったのは、第二次世界大戦後のことである。

アヘン戦争のような事象は、違法でもなんでもなく、当然の出来事であった時代なのです。

【アヘン戦争】

阿片戦争は、清とイギリスの間で1840年から2年間にわたり行われた戦争である。イギリスは、インドで製造したアヘンを、清に輸出して巨額の利益を得ていた。アヘンの蔓延に危機感をつのらせた清がアヘンの全面禁輸を断行し、イギリス商人の保有するアヘンを没収・焼却したため、反発したイギリスとの間で戦争となった。イギリスの勝利に終わり、1842年に南京条約が締結され、イギリスへの香港の割譲他、清にとって不平等条約となった。


【↓根拠】

↓ウィキペディア(Wikipedia)韓国併合再検討国際会議
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BD%B5%E5%90%88%...

↓神戸大学大学院(第3回韓国併合再検討国際会議「合法・違法」)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/90000398.pdf#search=%27%E7%A...

英ケンブリッジ大学の国際法学者J. クロフォード教授は「自分で生きていけない国について周辺の国が国際的秩序の観点からその国を取り込むということは当時よくあったことで、韓国併合条約は国際法上は不法なものではなかった」とし、また韓国側が不法論の根拠の一つにしている強制性の問題についても「強制されたから不法という議論は第一次世界大戦(1914年 - 1918年)以降のもので、当時としては問題になるものではない」としている


第二次世界大戦が終結しても、その後しばらくの間、すでに持っていた植民地は、国際法上、宗主国の「当然の権利」だったのです。それは、ついこの間まで、それが国際的「常識」だったのです。

↓香港
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B8%AF


↑第二次世界大戦 (1941年~1945年) の間、イギリス軍が瞬く間に放逐されて日本に軍事占領され、1945年8月までそれは続いた。戦後は中華民国に返還されずにイギリス統治が再開され、1997年まで続いた。

↑イギリスが返還を了承しないと返還はされないのです。

アヘン戦争に敗れた清朝が、南京条約で、香港島を清朝からイギリスに永久割譲。

香港はイギリスの植民地となる。【1842年★】

・1839年:清朝とイギリスの間で阿片戦争が勃発。
・1842年:南京条約で、香港島を清朝からイギリスに永久割譲。



~ 第二次世界大戦後、植民地は返還されていく ~



中英連合声明:中華人民共和国とグレートブリテン及び北アイルランド連合王国が香港問題に関して共同で発表した声明、1984年12月19日に中国の国務院総理趙紫陽とイギリスの首相マーガレット・サッチャーが北京で署名

香港返還【1997年★】

・1997年:7月1日イギリスから中華人民共和国への返還・譲渡(主権移譲)。香港特別行政区政府が発足。初代香港特別行政区行政長官に董建華が就任、2002年再選。従来の立法局議員の資格が停止され、臨時立法会が取って代わる。




↓アヘン戦争

「日韓併合」は国際法上「違法」ではありません。

↓こんなもの、必要ありません。...

プロフィール画像

カテゴリマスター

qta********さん

2019/8/1814:13:29

大統領が代わっただけで、前のパククネが交わした合意は無効だと言い出すムンジェインに、
李氏王朝時代の条約が正当だと言って通じるかな?
それに、彼らは論理ではなく感情で生きているので、論理的に説得しようとしてもムダで、水も漏らさない緻密なダエモン神の論理も、通じないでしょう。
彼らが感情的に納得する手段しか、彼らの主張を引っ込めさせる方法はありません。それが現状では存在しないから、難しいことになっているのでは?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる