ここから本文です

家の外壁を替えて、内側に断熱材をいれようと思いますが、床にスタイロフォームを...

デカヒゲさん

2019/8/1816:00:29

家の外壁を替えて、内側に断熱材をいれようと思いますが、床にスタイロフォームをいれ、壁に綿みたいな断熱材を入れがちなのは何故ですか?
全面スタイロフォームでよくないですか?
どんな理

由があるのでしょうか?

閲覧数:
70
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

was********さん

2019/8/2109:17:49

poiさんがおっしゃるとおり、壁面側にはグラスウールが入れやすいからです。壁の幅や、配線・配管、下地材等の余計なものが壁には多く入っています。
それを形に合わせて発泡スチロールを入れる・・・なんてことは手間がかかりすぎます。グラスウールならカッターで簡単に切ったり、厚さも調整できます。
床の場合は床下からの湿気をスタイロフォーム等が吸わず、性能低下しづらいのでよく使われます。
同時に、床下のサイズがほとんど均等という事、余計な障害物が少ないと言うこともあり、床下にスタイロを使うことが多い理由になります。

ですが今回、外壁リフォーム時に外壁側からグラスウールを入れるのはおすすめしません。
なぜなら防湿ができないからです。

通常、グラスウールを入れる際は新築やリフォーム時に内側から外側に入れます。内側には防湿層というビニールなどで湿気がグラスウールに侵入しない様に施工しないと壁内結露といって壁の中で結露を起こし、グラスウールの性能低下やカビ・柱等の木の腐食が発生します。
防湿層は外壁側から正確に、正しく入れるのは不可能です。

新築の時はおすすめしませんが、poiさんの仰る吹付け系のウレタンにした方がいいです。一応、現場発泡ウレタンは吸湿しづらいという事になってます。(発泡後カットすると吸湿します。でも屋内側はカットしないので多分、大丈夫。)

それか外断熱工法にするべきです。外壁を剥がして、下地胴縁を取って、柱に直接ネオマフォーム等の外断熱に適してる高性能の断熱材を設置するのが良いです。
気密も取れますし、今回の発泡ウレタンよりコストは下がるかもしれません。

どちらにせよコストは高いですが、外壁リフォームは断熱リフォームするチャンスです。
グラスウールを突っ込んだだけでは断熱にはなりませんので、外壁リフォームする時はそれらの意味を理解している業者さんに依頼すべきです。

質問した人からのコメント

2019/8/21 12:04:16

注意点含めてありがとうございます!
とてもよくわかりました。
また何かありましたら、よろしくお願い致します。
poiさんも詳しくありがとうございます。
そのプラス分の情報を頂いたため、BAはwasさんにさせて頂きました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

H. Dさん

2019/8/1816:26:53

入れる場所のサイズが、一定で無いから、グラスウールや、ロックウールが折り曲げたり出来て居れ易い。
スタイロホームと比べれば、入れる手間が数倍掛るのと、値段が高くて、隙間沢山出来て断熱効果が低い。
一番良いとされて居るのは高価だが、発泡剤を吹き付けると、膨らんで固まる断熱材が有ります。

入れる場所のサイズが、一定で無いから、グラスウールや、ロックウールが折り曲げたり出来て居れ易い。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる