ここから本文です

【カンボジア】ポルポトが死んでも、ポルポト派(残党)が内戦を仕掛けたって本当...

【WG】さん

2019/8/2415:02:17

【カンボジア】ポルポトが死んでも、ポルポト派(残党)が内戦を仕掛けたって本当ですか??

残ったポル・ポト派って、何がしたかったんでしょうかね??

ポルポト派,カンボジア,残党,内戦,アンコールワット観光,ミャンマー,ベトナム戦争

閲覧数:
36
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

葛口 厚さん

2019/8/2415:34:43

昨年4月に、シェリムアップ(アンコールワット観光)した際に、日本語ガイドの方から、ベトナム戦争からカンボジア内戦の件を移動中に色々聴きました。
(旅行までに、ある程度歴史なりは調べていましたが。)

質問者様の件に、きっちり回答しようとすると、早稲田の政治経済の卒論か修士論文くらいの内容になります。

簡単に書けるかですが、要は、今でも内戦(実際に戦争していなくても)が完全に終わっていないというのが、現実かと思います。
(つまり、反政府組織(ゲリラまでいかなくても)に怯えていると)

ウイキペディア見たのですが、まだ昨年7月の総選挙の件の論評が無いのですが、結論から言うと、野党が参加出来ていないです。

河野外務大臣(父も外務大臣で訪問)が選挙前に訪問され、公正な選挙と訴えたのですが、野党が参加できない選挙が実施され、今のところ、まだアンコールワット観光が出来る状況であります。

質問者様も色々調べたうえでの質問かと思いますが、ご存知のとおり、ポルポトの最後は、ヒットラー並みに謎に包まれています。

単純に考えると、ポルポト派の権力維持が狙いでしょうけど、結果的には長く続くか無かったのかなと思います。

以下、個人的な余談

現在の政権が、親ベトナムですが(ベトナム戦争の時、ベトナムを支援。隣国タイは南ベトナム(アメリカの傀儡政権)を支援)、ベトナム自体が、ベトナム戦争後、カンボジアに侵攻(アメリカ等でウッドストックの反戦コンサートに参加・共感した方々から逆に反発)した上、

更に、ベトナムが、1990年頃(私が新卒でIBMに入った年)から主にアメリカ資本の会社(IBMなり)がベトナムにタイから工場を移転(このころは、表向きベトナムはまだ親ソ連)したりして、最終的にアメリカ寄りになったこともあり、非常に政治的にややこしい状況です。
(まず、民間資本から移転して、下地作って、最後は政治的に和解)

これも余談ですが、タイからベトナムへ移転した工場が、今度は、ミャンマーの特区に移転しつつあります。

個人的には、台風の被害が殆どない、カンボジアの方が良いように思いますが、アメリカ(ユダヤロビー)は、ミャンマーを選んでいます。

質問した人からのコメント

2019/8/26 20:38:04

いろいろご存知なんですねぇ!! (о´∀`о)

【WG】

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/8/2608:23:54

>残ったポル・ポト派って、何がしたかったんでしょうかね??

死にたくなかった。地元住人に捕まれば、正式の裁判を経ずにその場でよくて銃殺、悪ければ虐殺だからね。

goo********さん

2019/8/2415:37:32

プノンペンに集まれ!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる