NHK杯フィギュア2019の単日券について。2枚で応募して当たった場合についてです。

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(2件)

0

私も気になっています。私の場合は家族名義でも応募していました。 今回どれだけ厳しく本人確認するかどうかは不明です。 私の行った過去のNHK杯と世界選手権では本人確認はありませんでした。 今回NHK杯のHPには無償譲渡も禁止と明示されてます。 今までは家族や友人名義での応募も普通に行われてましたし、ツイッター上でもお譲りは普通でした。 チケットトレードも存在していますが、確か2枚のうちの1枚のトレードはなかったように思います。 現地で弾かれる心配しながら行くよりは運営者に確認が必要だと思います。

0

ネットの書き込みに因ると 行けるとか行けないとかそういうことではありません。 本人確認があるかないかということです。 最近はアイスショーで本人確認をやっています。 試験的にアイスショーでやっているとのことですが、 試合でもネット上で売られていたチケットの番号がばれた場合などは、 座席にスタッフが来て連れ出されています。 そういったこともありますので、入場の際に本人確認があるだけではなく、 座席についてからも本人確認がある場合もあります。 全員ではなくランダムにやる可能性が高いと言うことです。 そこで引っかかった場合、入場拒否されるか、退場をさせられるかです。 少し誤解をされているように思いますので理解いただけましたでしょうか。 NHK杯は基本的に譲渡ができないということになっているので、 おそらく購入者のチェックになります。 購入された本人以外の人は入れなくなると思います。 ですが、そんなに厳しくしたら、たくさんの人が入れなくて 入場者がすごく減ってしまいます。 おそらくそこまで厳しくはしないと思います。 万が一そういった場合はダメ元で行ってみると良いでしょう。 ご主人の名前で応募してご主人が行かれなくなったら、 奥様は男性名義のチケットで入ることになります。 そういうこともありますので絶対に入れないとは言い切れません。 譲渡がダメだと言っているだけです。