ここから本文です

大日本帝国憲法は、廃止されたのではなく、日本国憲法に改正されたんですよね?

アバター

ID非公開さん

2019/8/2714:08:47

大日本帝国憲法は、廃止されたのではなく、日本国憲法に改正されたんですよね?

つまり、新しく日本国憲法ができたんじゃなくて、日本国憲法はもともと大日本帝国憲法であって、連続性があるん
ですよね?

閲覧数:
37
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

urg********さん

2019/8/2720:28:29

一応日本国憲法は帝国憲法の改正という形をとっています。天皇がその「改正を裁可」してハンコを押しています。天皇の名において改正されています。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mam********さん

2019/8/2720:25:44

内容的には連続性は有りません。
手続き上は、大日本帝国憲法 第73条に従って、天皇陛下の憲法改正の勅令により、衆議院と貴族院で改正手続きを行い、全面改正と言う形を取っています。
これは、大日本帝国憲法の廃止手続きが無いからです。
日本国憲法は、GHQの提示した英語タイプのサンプルを強引に新憲法として採用させられました。
GHQの原案は、太平洋戦争が無ければ、独立するフィリピン用に準備していた憲法原案です。独立後も軍事面はアメリカが引き続き担うことを前提にしていたので、第九条の軍事力の放棄が謳われています。

pap********さん

2019/8/2714:40:31

そもそも、日本国憲法は、戦後国内の自主憲法案より、そのいわゆるおしつけられたという憲法を国民が圧倒的な多数をもって支持し、国会で可決されたものです。よって今の日本国憲法は、日本国民みずから自主的に採決した自主憲法であると思う。そして今の政府は、その責任を負っているわけで、現憲法の正しき励行を政府に向かって主張しつづけなければならないのは当然のことである。

han********さん

2019/8/2714:26:01

大日本帝国憲法の規約に基づき全文を改正するという無茶苦茶な方法で改正された訳で、憲法改正の限界論からすると現在の憲法は無効に成るかと。

pio********さん

2019/8/2714:25:58

一応、形式上(手続き上)はそういう事になる。
ただ、それだと辻褄が合わない事もあって、例えば日本国憲法の前文で、国民主権は人類普遍の原理だとしている。「普遍」という事は過去に遡っての原理という事なので、つまりは大日本帝国憲法を否定しているのだけど、大日本帝国憲法を否定すれば、大日本帝国憲法の改正手続きによって定められた日本国憲法も正統性をなくすことになる。

この矛盾については「8月革命説」で説明するのが一般的で、要するに大日本帝国憲法から日本国憲法へは連続しているのではなく、革命によって切り替ったと考える。
それ以外に説明のしようがないと思う。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる