ここから本文です

「失われた時を求めて」(プルースト)という小説は、高校生でも読める内容ですか?

hbd********さん

2019/8/3101:39:56

「失われた時を求めて」(プルースト)という小説は、高校生でも読める内容ですか?

閲覧数:
144
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tet********さん

2019/8/3113:04:46

内容的には読めます。が、なにしろ、とてつもなく長く、大人でさえ読破することが至難の業、というほどの代物。読み通すことができるかどうかが問題です。

フランス文学者の鹿島茂氏でさえ、高校生の時に、「大長編小説の名作(『戦争と平和』『カラマーゾフの兄弟』『チボー家の人々』『静かなドン』を読破したことを唯一の誇り」としていたにもかかわらず、『失われた時を求めて』は、冒頭の数ページで脆くも挫折したと言っているほどです。(その後大学院生の時にフランス語で読破している)

因みに、異色のシンガーソング・ライターであるイヴ・シモンは、こう書いているそうです。

「名刺に肩書きや資格や勲章に並べて、次の一文を加えてもよいだろう。すなわち、≪私は、「失われた時を求めて」を読んだ!≫と。こうすれば人はどんな人物を前にしている分かるはずだ。」

このように、「ともあれプルーストは難物には違いありませんが、少しでも手がかりをつかむと非常に面白いことが分かっていく作家」と、個人全訳を成し遂げたプルースト専門のフランス文学者鈴木道彦氏は、書いています。

「それなら、俺は読破してみよう」という気概さえあれば、とりあえず、読んでみたほうが良いと思います。二十世紀最高峰の文学と謳われている作品ですから。高校生で読破すれば、人生の勲章となるでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/9/200:44:53

高校生でも文学に対し早熟な方なら読めます。

「ヒエラルキー」(階級制度)やスノッブ(貴族への憧れが変節したもの)については、わからないなりに解説を読めば進めます。この頃はたくさんの物を吸収できる年代だから、ゲルマント公爵夫妻やシャルリュス、スワン、音楽家ヴァントゥイユなどの名前も頭に入りやすいでしょう。

フランソワーズ・サガンが17歳で「悲しみよこんにちは」を著した時プルーストの全巻を愛読していたと思われます。裕福な家庭で、時間がたっぷりあり、読書ができる環境にあったのだと思います。

中年以降になって現実に心身をすり減らす毎日、親の介護や自身の病気、相続争いなどに巻き込まれると、
「失われた時を求めて」をじっくり味わうのは寧ろ困難です。
学習の時間がある十代から初めて何も悪くありません。難解なところは、翻訳者たちが苦心して訳注をつけてます。
高校生なら、プルーストは良書としておすすめします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2019/8/3122:08:32

読書にもコスパを考えるべきかもしれません。例えば岩波100冊の本に入っている小説は文学という視点のみならず、教養という全人格的なものを涵養してくれます。もし読み残しているものがあればプルーストよりこちらということです。プルーストはペースに乗って読めるようになるには通常半年かかります。とにかく眠い。
ともあれ、読むなというつもりはさらさらありません。奇妙なもの、困難なものに変に惹かれることもあもります。
それが人生かもしれません。読み始めて一週間もすれば先は見えるでしょう。

hot********さん

2019/8/3121:16:31

無理だと言う人はいるようですが
読みたいなら読めばいいじゃないですか。
長すぎて嫌になる? 難解すぎる?
あとでまた読み返せばいいんです。
仮に何日もかかる本だとして、1回しか読めない
読んではいけないなんていうこともないんです。

本なんて、読みたいと思った時が読み時です。
つまらなかろうが理解できなかろうが
読むこと自体が楽しいんですし。
難しいという理由でやめときゃよかったと思う本は
読まない方が良い、なんていうことは絶対にありません。

war********さん

2019/8/3114:39:58

そんなものを読むより、高校生ならわれらが夏目漱石の「吾輩は猫である」を読むべきである。ここには青春があり、青春の挫折がある。
主たる登場人物は3人。
珍野 苦沙弥、美学者迷亭、理学士水島 寒月。
苦沙弥と迷亭は明と暗の一対をなし、寒月はその弟子で、10年前の青雲の志に燃えていた苦沙弥と迷亭である。
そして物語の現在は、現実という厚い石の壁に阻まれてやがて二人の師のごとく太平の逸民となる寒月の挫折の物語である。

up_********さん

2019/8/3113:19:03

内容的にはもっと難解なのはあると思いますから、読んで読めないことはないと思いますが、何せ長すぎて嫌になる可能性は大きいです。またこれを要約するコンテストがあるらしく、そんなことからも長いのは困難な原因になります。回想の形でもって長々と続きます。嫌にならないと言ったら嘘になるでしょう。これをどう乗り越えるかでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる