ここから本文です

軍や警察の狙撃手は普段どれくらいの距離で 照準のゼロインを行っているのでしょ...

無銘の刀使いさん

2019/9/114:20:20

軍や警察の狙撃手は普段どれくらいの距離で
照準のゼロインを行っているのでしょうか?

現場で距離測って狙いを調整する、という事じゃなくて
現場に行く前とか訓練の時に
銃にスコープを載せて
ひとまずゼロイン調整しておく、という時点で

閲覧数:
19
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iik********さん

2019/9/123:36:57

アメリカ軍の例ですが、「M24」の無印を使っている、1980年代ごろのマニュアルらしいですが、「500ヤード(457m)」の調整を基にした、100ヤードから600ヤードでの修正法が記載されています。

ちなみに、近距離での「ゼロイン」点で大まかに調整後、実際の「ゼロイン」点で仕上げる、といった方法の記載は無いようです。
近距離「ゼロイン」点の記載も無いですからね。
まさか、近距離だけで調整したことにすることも無いでしょうからね。

また、変わった方式を採用していたのが例によって日本軍で、アジャスターなしの眼鏡を、工場で300mでゼロイン調整してあり、後は射手が調整する方法で、固定式の分、レンズが明るい、防水が良く南方でも曇らない、頑丈、などの特色があり、さらにボルトを避けてオフセットされている=通常のサイトも使えたので、近距離戦などでは便利だったそうです。

質問した人からのコメント

2019/9/8 10:30:39

ありがとうございました<(_ _)>

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hka********さん

2019/9/114:43:07

5.56×45mm弾は(物によって違う)
1回目の交差地点が25m
2回目の交差地点が315m
25mで合わせると思います

nyw********さん

2019/9/114:41:16

最初のゼロインは25ヤードくらいというのがサイトに載っていますが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる